英会話教室TOP教室を探す英会話リンゲージ横浜校英会話リンゲージ横浜校突撃コラム「英会話リンゲージ横浜校」から30分で通える場所の限界を見つけるために、とりあえず走ってみました

「英会話リンゲージ横浜校」から30分で通える場所の限界を見つけるために、とりあえず走ってみました

こんにちは、きのぴーです。
リンゲージのPR担当をしています。

外でポーズを決めるきのぴー

いきなり変な格好で失礼します。

リンゲージ横浜校は、神奈川県の要である横浜駅から徒歩3分の駅チカスクールです。
通いやすいことが横浜校のいちおしポイントなんです。

英会話を習得するためには継続することが大事ですよね。だから通いやすさ、それも肌感覚として通学にストレスがないかどうかが、英会話スクールを選ぶ上ですごく重要だと思うのです。

そこで気になるのが、そもそも横浜駅って本当に通いやすいのか、ということです。

横浜駅周辺を考えると、観光地の「みなとみらい」は、横浜駅が最寄りではなく、新幹線の通っているのは「新横浜駅」。横浜市自体がすごく大きな市なので、同じ横浜市民でも横浜駅が生活圏内とは限らない可能性もあります。

横浜駅から徒歩3分のリンゲージ横浜校。その「通いやすさ」を検証することで、スクールの魅力をもっと多くの方に感じていただきたい!

ということで、今回は私きのぴーが、所要時間最大30分を「通いやすいリミット」と独断で決定!
リンゲージ横浜校から30分以内の「通いやすい範囲図」を作ってみました!

はじめに、人間の脚で測ってみました

まず、走ってどの範囲まで通えるのかを試してみます。実は私マラソンが趣味で、過去フルマラソンの大会にも数回出場経験があり、この両脚なら、電車や車といった、いわゆる文明の利器よりも遠くに行ける自信があります。

念のために、どうすれば電車や車に勝てるかを質問サイトで聞いてみました。

質問サイトでの

「30分という時間で、本気で走ればたいてい勝てる」とのことです。
存じ上げない方ですが、marathon masterというくらい説得力のあるアカウント名を名乗る方が言うのであれば、本当でしょう。
この脚で電車よりも遠くに行けることを証明して見せます!

行ってきますのポーズ

それでは、行ってきます。

走り始めたポーズ

結果:5.6km

走った結果画面

走りました。
途中道に迷いましたが5.6kmで新横浜駅まで来ることができました。

走り終えた後

「通いやすい範囲図」にするとこんな感じです。
海からでも走ったら、30分以内で通えるみたいです。

通いやすい範囲図(人間の脚編)

これなら電車には圧勝だと思います。

一応電車でも調べてみます

電車を使った場合の「通いやすい範囲図」も調べるため、いったん、新横浜駅からリンゲージ横浜校のある横浜駅へと戻ります。

こう見えて几帳面な性格なので、携帯の乗り換えアプリで到着時刻を調べておきます。

スマホで時刻表検索

現在時刻が30分で到着予定時刻が…… 42分っと……

ガタンゴトン……

ん……? 12分?

スマホ画面で発見する

これって既に負けているんじゃないか……?

電車に惨敗する

というわけで、
電車に完全なる敗北を喫したことを何気なく使った乗り換えアプリに知らされたわけですが、
気を取り直し、マップアプリを使って30分で行ける最も遠い駅を探すことにしました。

へ行った場合、リンゲージ横浜校からはすぐに海に到着するため、横浜港からフェリーでの移動になるのですが、30分以内に横浜港から乗って到着できる乗り場がありませんでした。
方面は、JR特急踊り子で25分の「東京駅」が、横浜駅から30.1kmと一番遠いようです。

西方面だと、相鉄線特急で約20km先の「湘南台駅」。もしくは相模本線急行で約20km先の「相模大塚駅」が「通いやすいリミット」のようです。

そして、驚きだったのは南方面です。
なんと30分以内で「小田原駅」まで行ける可能性があることがわかりました!
アプリ上では出てきませんでしたが、ホーム間の移動を極限まで減らせば、行ける可能性があります。
小田原駅は、横浜駅から約52km先に位置し、かつて北条氏の本拠地であった小田原城がある、神奈川県きっての観光名所です。

おお! 小田原城から英語を学びに通学できるとは粋ではあるまいか(気分は城主)! これは検証せずにはいられません。実際に小田原駅まで行ってみることにしました!

小田原城

ルートは、リンゲージ横浜校⇒横浜駅(地下鉄ブルーライン)⇒新横浜駅(東海道新幹線)⇒小田原駅です。

リンゲージ横浜校から30分以内に小田原駅を目指します

現在時刻:16時31分

リンゲージ横浜校前開始

①ダッシュで横浜駅に向かう(移動時間1分←走ることに自信のない方はワープを使ってください)

全力疾走

※ここからテンパりすぎて、時刻付きの写真を撮るのを忘れています

②横浜市営地下鉄ブルーラインに乗り、新横浜駅へ向かう

時刻16時43分:新横浜駅到着

③東海道新幹線ホームへ全力疾走

ホームに着きました!
時刻は16時45分!
新幹線の発車時刻の1分前にホームまで到着することができました。

ホームに到着

わかりづらいですが、息切れしています。

④東海道新幹線に乗る

新幹線に乗ろうとする

※まだ息切れしています。

いざ乗り込もうとしたその時!
trrrrrr……

電話に応答

き「はい!」

上司「今、どこにいるの?」

き「今、新横浜駅から小田原駅までの新幹線に乗ろうとしているところです!」

上司「え?新幹線?聞いていないよ!それ経費として、予算取ってないよね?取ってないのに勝手に行ったらダメだよ~!経費は事前に予算申請してくれないと。君、そもそも経費って何のためにあるか知ってる?会社は社員から事前に申請してもらって許可することで、何にどれくらいお金を使う予定なのかを把握することが出来るんだよ。つまり……」

(prrrrrrrrrrrrr……ドアガシマリマース)

き「(つまり、理解したけど、この企画は終わる……)」

新幹線通過中

新幹線が行ってしまいました。。。

新幹線通過後

検証結果:小田原からもリンゲージ横浜校に通える(要お金)

結果的に小田原駅までは行けませんでしたが、
通おうと思えば、約52km先の小田原駅から30分で通えることがわかりました。

電車利用の「通いやすい範囲図」はこうなります。

通いやすい範囲図(電車編)

30分以内にどこまで行けるかという今回の検証でわかったのは、リンゲージ横浜校に行くということだけで考えれば、かなり遠くに住んでいる方でも可能ということでした。

30分以内にどこまで行けるかにこだわり、肌感覚として通いやすいかどうかという点をはっきりさせようとしてわかったのは、「距離じゃない。モチベーションが通いやすさを感じるポイントだ」ということでした。

利便性はもちろん大事です。でも、スクールが行きたくなるような魅力的な場所であるのか、楽しい学びがあるのかで、距離と時間を「長い!」と感じるかどうかは大きく変わってくるのではないでしょうか。
前回リンゲージ横浜校のスタッフさんを取材して、スクールの良さをバリバリ感じた私は、小田原からでも通える(うん、きっと)!
しかし、それが全く雰囲気の違う別の英会話教室だったら、もっと近い距離でも挫折しそうな気がします。

ここできのぴー〆のひと言!

リンゲージは駅チカにこだわることで皆さんに通いやすいと感じていただくと同時に、レッスンの質やフレンドリーな雰囲気でモチベーション維持をサポートしています。
これから通おうと考えている人は、是非一度無料体験レッスンを受けに横浜校へと来てみてはいかがでしょうか。
そうしたら私が言っていることを実感してもらえると思います!リンゲージ横浜校へいつでもお出でくださいませ!

おしまい

「英会話リンゲージ横浜校」から30分で通える場所の限界を見つけるために、とりあえず走ってみました

突撃取材記者きのぴーのプロフ

きのぴー(25)

きのぴー(25)

東京都出身。英会話リンゲージのPRチームのメンバー。横浜を愛する新卒3年目。英会話は日々勉強中。どんなことにも常に直球で、ただし熱しやすく冷めやすい性格。
今はまっていることは、漫才を見ること、野毛エリアにあるディープな飲み屋開拓。
夢はリンゲージのテレビCMに出演すること。

リンゲージ横浜校のことが
もっとわかる記事

PAGE TOP
英会話教室TOP教室を探す英会話リンゲージ横浜校英会話リンゲージ横浜校突撃コラム「英会話リンゲージ横浜校」から30分で通える場所の限界を見つけるために、とりあえず走ってみました