新スタイルのHappy Valentine’s Day

こんにちは、英会話教室リンゲージ横浜校のMISATOです!

だんだんと温かくなって季節はもう春ですね♪ 
先週、ホワイトデーも終わり、なんだかイベントが終わったー!!!という感覚です。
話は遡りますが、バレンタインは女性から男性にチョコレートを贈る習慣が日本にはありますよね。

既にご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
海外ではその真逆で、男性側が大切な女性へプレゼントやサプライズをしてくれます!
今日は、先月実際に嬉しかったバレンタインの出来事について、お話させて頂ければと思います。

怪しいlineメッセージ

普段お仕事終わりに、○○分着の電車に乗るからねとメッセージを送るのが私たちの習慣で、
バレンタインの日もいつも通りlineを送りました。
そうすると“I’m taking you somewhere”という返信が。
“where?”と聞くと、“I will tell you when I pick you up”と怪しい返信が来ました。

実際、駅まで迎えに来てくれた時も行先は知らされず、
そのまま謎のドライブが始まりました(笑)。

到着した場所はカントリーな雰囲気漂う可愛らしいステーキ屋さんでした。
バレンタインのサプライズデートだよとわざわざ連れてきてくれました(*^-^*)

花束がテーブルに!

ステーキはとっても美味しくて、お腹も満腹、満たされて家に帰ってきました。
部屋の明かりをポチっとつけるとそこには
お花に、メッセージカードが添えられ置かれていました!
とっても素敵なサプライズを用意してくれて嬉しさと、感謝でいっぱいでした。

ですが、私はそんなスイートなサプライズに慣れておらず可愛い反応が出来ずに、
ただただ驚き「すごいアメリカンだね。」と冷静にコメントを告げただけでした。

今ではとても反省していますが、バレンタインデーにこんなことが起こるとは
夢にも思っていなかったので、本当にビックリしてしまった結果でした(;’∀’)

まとめ

最近は、文化の違いって面白いな~と感じる事が多いです。
お互い育ってきた環境が違うので、考え方などに違いがあり理解に困る事も多々あります。
なかなか自分の思いや気持ちが伝わらなくて、
くじけそうになってしまうこともありますが、
一生懸命自分の思っていることを、英語で伝えようとする気持ちが大事だなと思います。
そういうときこそ、完璧じゃなくても相手に伝わっているものです。

ともあれ、日本式のバレンタインを経験してきた私には
アメリカスタイルのバレンタインは最高でした。
みなさんも、素敵なバレンタインを過ごされましたか?

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

新スタイルのHappy Valentine’s Day

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験