ペスカトリアンになって5年目の春

みなさん、こんにちは!英会話教室リンゲージ横浜校のShokoです。

突然ですが、みなさんは”ペスカトリアン”というものをご存知でしょうか。
実は私の夫がペスカトリアンです。
耳にしたことがある方も、初めて聞いた方も、
今回のブログはペスカトリアンについて少しお話していこうと思いますので、お付き合いください。

ペスカトリアン??

そもそもペスカトリアンとは?? 
最近よく耳にするベジタリアン、ビーガン。
ベジタリアンとは様々なタイプの菜食主義者ですが、
ビーガンとは乳製品、卵などの動物性食品を一切食べない「菜食完全主義者」のことです。

そして、この「ペスカトリアン」ですが、
簡単に言うと、魚を食べるベジタリアンです。
夫の場合は、お肉は全く食べません。
ハムも、ベーコンもソーセージもです。

お肉製品は全く口にしませんが、乳製品、魚介類は食べます。
結婚前、結婚当初は私と変わらず特に気にせず、
なんでも好きなものを食べていて、むしろお肉が大好きでした♪
そんな夫がなぜペスカトリアンになったのかと言うと...。

なぜペスカトリアンに??

卵や乳製品は食べるが、動物性の食品を一切食べないベジタリアン、
完全菜食主義者なビーガンを宗教上や、
健康法として取り入れる方も多いですが、
夫の場合は少し違っていて、簡単に言うと、「環境への配慮」です。

最近、冬なのに暖かかったり、
夏が猛暑だったりと何かと耳にする地球温暖化の影響。
現在、ものすごく早いスピードで進んでいるこの温暖化ですが、
最近のオーストラリアでの森林火災も、この温暖化がとても関係していると聞きました。

その温暖化の原因となる温室ガスのうちの一つ、
メタンガス家畜から大量に排出されています。
昔に比べてお肉の消費量がグッと増えてきている現代。
ということは家畜の数も増えているという事。
このことが地球温暖化に関係している!と。
そんな話を夫が熱弁する姿を見たのが約4年前。
今は全くお肉を食べずに過ごしています。

ペスカトリアンになっての変化

ペスカトリアンになって以来、お肉を食べない事を続けている夫。
体の変化などは、正直あまり分かりませんが、お肉を食べなくなって以来、
その分炭水化物を食べるようになったので、体重が少し増えた様にも思います。

お肉を食べないことで不足されがちなタンパク質はお豆腐だったり、
お魚から得ているので、特に問題もなく過ごしていますし、
必要なビタミンはサプリからとりいれています。
私も息子も普通にお肉もお魚も食べますが、
夫がペスカトリアンになって以来、食の事を考えたり
今まで考えてこなかった環境の事を考えることが出来るようになったので、
いい機会を与えてくれたなと感謝しています。
次回のブログでは、私達が実際どんなものを作って食べているかを紹介できればと思います♪

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

ペスカトリアンになって5年目の春

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験