世界のHappy New Year !!

こんにちは★英会話教室リンゲージ横浜校のKaedeです!

2020年も早いもので2ヶ月半。
ご挨拶遅くなりましたが、2020年もよろしくおねがいします。
今年もリンゲージで楽しく英語を勉強していきましょう~♡

今回のブログでは、世界の新年の過ごし方についてご紹介します!!
私も一度は海外で年越しをしてみたいです!
ぜひ参考にしてみてください。

アメリカ★

<NY>
キラキラした年越しといえば、ニューヨークですよね!
私は一度NYを訪れたことがあるのですが、
イベントがなくても常にキラキラしていて人がたくさんいました。
さらに盛り上がっていると思うと、想像が膨らみます!

実際に、紙吹雪、イルミネーション花火でカウントダウンをし、お祝いします。
ですが、ほとんどは観光客や外国人のようです!
1年前に講師にNYで年越ししたいと言ったら、
スリが多いから気を付けてと言われました(笑) 
少し怖い気もするのですが、あこがれます!

アメリカは広く西海岸とNYでは、
時差がある
ようです!びっくり!
ロサンゼルスなどの都市でも同じように
花火とカウントダウンでお祝いするようです!

カナダ★

カナダは他の国よりも特に他民族国家のため、地域によって全然違うようです!
バンクーバーではおせちを売っているようですよ。
中華系の移民が多く住む場所では、
1月1日よりも2月の旧正月の方が盛り上がるんだとか!興味深いですね☆彡
さらに子供のことを考えて9時に花火があがるので、
家族でカナダ年越しも楽しそうです!

ヨーロッパ★

<デンマーク>
なんとお皿を投げ捨てるんだとか!隣の家のドアに投げつけてお祝いするそうです。
使えなくなったお皿を一年間、この日の為に取っておくようです。
家の前に割れたお皿があればあるほど、友人に恵まれているという事らしいです。

<スイス>
アイスを床に落とすようです!
私はアイスが大好きなので、残念な気もしますが、
幸運・平和・富に満ちる一年を願うそうです✨
<エストニア>
元旦にご飯を7回食べる風習が!
沢山美味しい食べ物が食べられそうで、私も7回食べたいです!(笑) 
7人分の力の発揮と、食料に困らず過ごせるようにという意味があるようです。
また、7は縁起の良い数字のため、この回数のようです。

ここまで紹介してきましたが、
本当かどうか疑うような、日本とは全然違ったお正月ばかりですね!
インターネットではなく、本当かどうかいつか行って体験してみたいです(*^-^*)
もし知っている方は、教えてください!!!
ぜひフリートークを利用して講師に出身国の年越しや、
日本でどのように年を越したのか聞いて見てくださいね!

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

世界のHappy New Year !!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験