年末の文化を英語で話してみよう!

こんにちは。英会話教室リンゲージ横浜校のMoneです。

もうすぐ2019年も終わりですね。
今回は年末に基づく英単語フレーズをご紹介します。

年末に使えるフレーズ1

年末によくする「良いお年を」という言葉。
英語では、

・“Have a great year!“
・”Happy holidays!”

と表現します。
SNSや友だち同士で使うカジュアルなフレーズとしては、

・“Merry Christmas and a Happy New Year!“
・“See you next year!“

などの聞きなれた単語で言い表すことができます(^▽^)/

年末に使えるフレーズ2

毎年、年末になると忘年会をだれでもどこでも行うと思います。
忘年会は“Year-end party“

ちなみに英語圏では忘年会の概念はなく、
同時期のイベントと言うと“Christmas Party“ “Christmas Parties“ですね。
クリスマスは年越しを兼ねて言うようです。
年越しそばは、

・year-crossing soba
・The buckwheat noodles eaten on New Year’s eve.

などいろいろな言い方をするようです!

年末に使えるフレーズ3

年末になると、新年を迎える準備を始めますよね。
大みそかは大掃除に勤しむ方も多いのではないでしょうか。

・“Year-end cleaning”
・“house cleaning“
・“general house cleaning“

など、普通の掃除の意味で伝わるとの事。
また、英語圏には年末の大掃除という文化はありません。
そのかわり、“spring cleaning”といって、
暖房のいらなくなる春の時期に大掃除をする文化があります。

日本ならではの年末の文化を英語で話したい時のために、ぜひ覚えてみて下さい(^▽^)/

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

年末の文化を英語で話してみよう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験