英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ Missouri州での一般的な高校生の学校生活とは?

Missouri州での一般的な高校生の学校生活とは?

こんにちは、英会話教室リンゲージ横浜校のMoemiです。

私は高校生の時、10カ月程ミズーリ州カンザスシティにある
インディペンデンスという小さい街に交換留学していました。
公立高校に通う高校生の学校生活を紹介します!

どんな学校に通っていたの?

私が通っていた高校の生徒数は約1500人で、
マスコットはベア、スクールカラーはブルーとゴールドです。
アメリカではどの学校もマスコットとスクールカラーを持っていて、
卒業式の時に使うガウンやタッセルにも使います。

廊下にあるロッカーもスクールカラーが使われていて、
一面ブルーでした!また、警察官が常時駐在していました。
特に治安が悪い訳ではないのですが、喧嘩を止めに入ったり、
たまに麻薬所持のチェックをしていました。

登校~授業

アメリカでは州によって免許を取れる年齢が違うのですが、
田舎では早く取ることができ、ミズーリ州では16歳から取得できます。
なので、スクールバスで登校する人もいれば、
私の様に友達や兄弟の車で登校する人もいました。
登校すると首から下げなくてはならない生徒証のチップでピッとします。
遅刻すると放課後に残らされたりするので注意です。

授業は日本より自由な感じで、
厳しい先生以外の授業ではお菓子や飲み物を食べながら受けてました。
中には授業中にお菓子を販売する強者も(笑)

授業と授業の間は3分しかないので、
チャイムが鳴ったら皆飛び出します。
お昼も4グループに分けて食堂に行くので、
受けている授業によってご飯の時間が変わります。

放課後は?

スポーツ系の部活だと、シーズンで分かれます。
例えば、夏はテニス部ですが、次のシーズンではテニス部は無くなるので、
違う部活に参加する形です。
文系の部活、例えば私の所属していた演劇部はオーディションに合格するか裏方であれば一年中、
そうでなければ部活を変える事もあります。

部活前に時間が空いた時には、
学校の隣にあるサブウェイのクッキーを食べに行っていました。
とても美味しいですが高カロリーかつ、隣にあるのに車で行くのでぶくぶく太っていきました。

以上、思い出話の様になってしまいましたが、
少しでもアメリカの高校生活のイメージが浮かんでもらえたら嬉しいです^^

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

Missouri州での一般的な高校生の学校生活とは?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験