【カナダ留学】渡航&入国トラブル編

こんにちは!横浜校スタッフのHinaです。

私はいま、カナダ・プリンスエドワード島の州都シャーロットタウンにある大学に留学中です。
今回は記念すべき留学ブログ第一回目ということで、
カナダに渡航したときのことと、
そこで遭遇したトラブルについて書いていこうと思います(笑)

いよいよカナダへ出発!

私の留学先であるプリンスエドワード島は、カナダ東端に浮かぶ小さな島です。
州都であるシャーロットタウンには小さな空港がありますが、
直行便がないので、乗り継ぎを含めた旅の所要時間は約18時間
8時間程度のフライトにしか慣れていない私にとっては、けっこうな長旅でした。

飛行機はエア・カナダ。
カナダの公用語は英語とフランス語なので、
パンフレットや座席のモニターなどすべてにフランス語の表記があります。
そんなところにもカナダっぽさを感じてワクワクしました。
乗り継ぎ先のモントリオールまでの旅はとても快適でしたが、
英語の機内アナウンスが全然聞き取れない…!ということに
さっそくショックを受けたのを覚えています(笑)

カナダへ出発する際の渡航風景

ちょっと一息…と思いきやトラブル発生!

12時間のフライトのあと、モントリオールに到着!
乗り継ぎまでは4時間あったので、
一旦ここでゆっくりしようと思っていました。

しかしここでトラブルが発生!
留学に必要なStudy Permit(就学許可証)をもらう窓口がなんと150人待ち!!
しばらく待ってみても一向に順番が進まず、
危うくフライトを逃しそうに…!

ここで学んだのはなんといっても、
「周りの人に助けを求めること」の大切さ

不安で内心は大パニックでしたが、
勇気を出して周囲で待っている人に声をかけてみると、
みんな親切に色々と教えてくれました。
その中に順番待ちの券を交換してくれた方がいたおかげで、
なんとか出発時間に間に合うことができました…!
思えばこの時はだいぶめちゃくちゃな英語を話していしたが、
トラブルに対処するためのサバイバル英語(?)が身に着いた気がします(笑)

やっと目的地へ到着!

ようやく乗り継ぎ便に乗り込めたと思ったら、
今度はなぜか離陸するまで座ったまま2時間も待つハメに(パイロット不足が原因とのこと…)。
最終的に現地に到着したのは、夜中の2時でした☆

シャーロットタウンについた瞬間感じたのは、
なんといっても「空気がおいしい」ということ!
空港から出てすぐ、山奥のキャンプ場のような空気にびっくりしました。
そして、夜空がとても綺麗
澄み切った空気を吸い込んで星空を眺めていたら、
長旅やトラブルの疲れも吹っ飛んでしまうぐらいでした^^

次回はプリンスエドワード島の魅力について詳しくお伝えしたいと思います!

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

【カナダ留学】渡航&入国トラブル編

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験