英語の履歴書~基本編~

こんにちは!英会話教室リンゲージ横浜校です。

今日は“Resume, CV”の書き方のコツをご紹介!
外資系企業への就職や、海外で仕事の応募をする際に必要となるので、
そういった企業にチャレンジしたい人は参考にして頂ければと思います。

ResumeとCVの違い

Resumeはアメリカ式、CVはイギリス式と言われています。
Resumeはシンプルに経歴を述べた物で、なるべくA4一枚にまとめるのが良いです。
私がオーストラリアでパートタイム用に使っていたのはResumeでした!

CVは日本の職務経歴書に近い感じで、
職務内容や、学歴に経験した事などより細かい詳細を記載します。
A4二枚にまとめるのが理想。
パートタイムには簡単なResume、就職にはCVが良いと思います。

Resumeの必要項目

・“Contact Details” 名前、住所、電話番号、Eメール
※日本の履歴書のように年齢、性別、出身地などは入れません
・”Experience” 職歴
・”Education” 学歴
・”References” 推薦者

CVの必要項目

・”Personal Information” 名前、住所、電話番号、Eメール、誕生日、性別、出身地
・”Objective” アピールポイントや志望動機
・”Experience” 職歴
・”Education” 学歴
・”Skills” ”Qualifications” スキル 資格

それぞれの項目はこのようになっています。
外資系企業への就職や海外で仕事の応募をするみなさんのお役に立てれば幸いです^^

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

英語の履歴書~基本編~

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験