英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ 現在完了形を会話で使いこなしましょう!

現在完了形を会話で使いこなしましょう!

こんにちは!英会話教室リンゲージ横浜校のKeikoです。
今日はみなさんに是非使いこなして頂きたい、現在完了形の使い方のポイントをご紹介します。
こんなことも現在完了形で表せるの?という発見があるかもしれないです^^
積極的に日常会話に取り入れてみて下さいね。

『~したことがある』

現在完了形で表せる1つ目の表現は『~したことがある』という経験です。

過去形:”Keiko visited Denmark” =けいこはデンマークに行きました。
現在完了形:”Keiko has visited Denmark.” =けいこはデンマークに行ったことがあります。

過去形:”I met Matthew last week” =先週マシューに会いました。
現在完了形:”I have met Matthew” =マシューに会ったことがある。

他にも○○を食べたことがある、○○を勉強したことがある等、動詞の形を過去形から
現在完了形に変えるだけで、経験の意味が強くなります。

『もう/ちょうど~したよ』

現在完了形で表せる2つ目の表現は『もう/ちょうど~したよ』という完了です。

過去形:”I watched fireworks yesterday.” =昨日花火を見ました。
現在完了形:”I watched fireworks this summer.” =この夏私はもう花火を見ました。

既になされたことをいう時、過去形ではなく現在完了形をつかうと、もうその行動が終了している
ということが強調されます。Just(ちょうど)やAlready(すでに)、Yet(もう、まだ)、Still(まだ)
を使うとさらに意味合いを深くできます。

『~してしまった』

現在完了形で表せる3つ目の表現は『~してしまった/しちゃった』という結果です。

過去形:”Rosa went back to Italy.” =ローサはイタリアに帰りました。
現在完了形:”Rosa has gone back to Italy.” =ローサはイタリアに帰ってしまいました。

goは行くという意味ですが、現在完了形を使うと「行ってしまった(からもうここにはいない)」
という意味になります。同じようにloseは失う、なくすという意味ですが現在完了形を使うと
「なくしてしまった(から今手元にない)」という意味になります。

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

現在完了形を会話で使いこなしましょう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ 現在完了形を会話で使いこなしましょう!