日本の英語教育が変わる?!

2020年から小学生への英語教育が変わるのはご存知時ですか?
日本人は英語が出来ないと言われがちですが(;^ω^)
これからの変化に注目したいところですね!

日本の英語教育の現状

私が海外へ行って実感したのは、日本の辞書に出てくる言葉をそのまま伝えると【??】と言う反応で、
通じるのですが何だか間違った事を言ったんだなぁ(*_*)と実感…
単語の意味は間違っていないのですが、辞書や今まで勉強した受験英語は口語的ではないケースが
よくあります。
受験やテストが優先されている為リスニング、スピーキング力が身に付かないのがまだまだ現状のようです。

これからの小学校3,4年生

3年生ではアルファベット、数、基本的な挨拶、物の名前とそれについての説明など。
ダイレクトイングリッシュだとFoundationレベルのUnit1みたいな感じですね!
さらに4年生では絵本の読み聞かせなどリスニングのお勉強も出てくるそうです。

5,6年生では

5年生は読み書き、お題に対して理解を説明をする、注文や値段をたずねるなども加わり、
より実用的な事にも触れていきます。
そして6年生では自己紹介、過去の思い出、将来の夢について話したり書き写したりと今まで
中学生でもやらなかったような内容が登場!
全国のお母さんたちの不安は募ると思いますが、将来に期待ですね☆彡

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

日本の英語教育が変わる?!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ 日本の英語教育が変わる?!