英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ 「本当に?」の ’Really?’ 以外の英会話表現

「本当に?」の ’Really?’ 以外の英会話表現

こんにちは!横浜校のKeikoです。
今日は「本当に?」という意味で使える英会話表現をご紹介します。
このブログでは短く覚えやすいものを選抜してご紹介するので、みなさんも是非使ってみてくださいね♪

何かを疑問に感じて「本当に?」って言いたいときは・・・

・Really?
「本当?」を意味する英単語の王様なのかな?と思うほどによく聞きますし、使いやすい単語ですよね!
英会話に普段なじみのない方でも知っているのではないでしょうか。
この1語で驚いている時や何か疑わしい時にも使えるとても便利な言葉です!

・Are you sure?
このフレーズは直訳すると「あなた確かなの?/正気なの?/本気なの?」という意味ですが、
「本当に?/本当なの?」と会話の相手が言っていることを確認したり、相手が言っていることを
疑ったりする意味を含んだ表現として使うことが出来ます。

※この表現は少しカジュアルな要素を含んでいるので職場の上司や目上の方に使うのは
時と場合やトーンに気を付けて使ってね!(By 横浜校講師 Shinoka & Valeriya)

・Is that so?
日本語だと「それってそうなんですか?」みたいな感じで訳せますが、これも「本当に?」の意味で
使える相づちです!Are you sure?が話し相手の様子や言ったことを確認することに焦点があてられた
表現なのに対し、Is that so?は特に相手が言った内容・事実を確認する意図がある表現として使われます。

絶対この人嘘ついている!って思ったときの「本当に?」は・・・

・Are you kidding me?
「冗談ですよね」という意味で使います。本当にびっくりして’え、それ絶対冗談だよ~!’と
思ったときがあったら早速これを使いましょう!

・No way!
こちらは「まさか!ありえない」と思ったときに使います!
Are you kidding me?よりも相手が話していることを信じていない気持ちを強く表すことができます。

※この2つはとてもよく使われる表現ですが、カジュアルな表現なので、友達や家族等の親しい
間柄での会話でたくさん使ってみてください^^

レッスンやフリートークでもたくさんの相づちを講師や生徒さんから学びましょう!

リンゲージでレッスンの開講がない時間に行われるフリートークでは、レッスンや自宅学習で
得た学びを実践するアウトプット場でもありますが、一方で講師や他の生徒さんが普段どのように
英語を話しているかを学ぶことができるインプットの場にもなりえます!

是非フリートークやレッスンで今日ご紹介した表現を実践しつつ、講師や他の生徒さんが
どのような単語やフレーズで相づちをうって会話に参加しているかにも注目してみてください♪

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

「本当に?」の ’Really?’ 以外の英会話表現

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験