英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ 好きって意味だけじゃない!とても便利な単語Likeを使いこなそう♪

好きって意味だけじゃない!とても便利な単語Likeを使いこなそう♪

こんにちは!横浜校のKeikoです。
今日は❛好き❜という意味でお馴染み『Like』という単語で使って作れる便利な英会話表現をご紹介します!

★What’s it like?

とてもシンプルな文ですよね!
これで「それはどんなものですか?」という訳を当てることが出来ます。

Be動詞+likeには「~のような、みたいな」という意味があるので、何か説明しづらいことや、
何かに例えたいとき、このBe動詞+likeが大活躍します!

見出しに載せたWhat’s it likeのitの部分を様々な単語に置き換えて「~ってどんな感じ?」
という文を無限に作ることが出来ます。

例えば・・・
・What’s your brother like? 「あなたの兄はどんな人?」
・What was the party like last night? 「昨夜のパーティーはどんな感じだった?」

★would like to+動詞の原形

これで「~がしたい」と訳します。
同じ「~がしたい」という意味で使われる★want to+動詞の原形に比べて、
★would like to には丁寧さが含まれており日常会話で頻繁に使われています。

・I’d (I wouldの短縮版) like to go shopping. 「私は買い物に行きたい」
・I’d like to make a reservation for this evening. 「ディナーの予約をしたいのですが」

レストランで何かを注文したり、何かをお願いしたい時には★want toではなく、
丁寧さが表れる★would like toを使いましょう!

★would like+名詞

これで「~がほしい」と訳します。
同じ「~がほしい」という表現に★want+名詞がありますよね!こちらも先ほどの★would like to と
★want to の関係と同様に、★would likeが丁寧な表現として使われます!

・I’d like a coffee. 「コーヒーがほしいです=コーヒーをください」
・Would you like some more? 「もっといかがですか?」

みなさん早速リンゲージの授業やフリートークで使ってみてください^^

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

好きって意味だけじゃない!とても便利な単語Likeを使いこなそう♪

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験