使えるフレーズ“up to you”

簡単で尚且つ便利なフレーズをご紹介!
日常でとても頻繁に登場するので是非習得しましょう☆彡

あなた次第!

基本的に“up to you”の意味は【あなた次第】です。
その他の表現としては、【あなたが決めていいよ】と言う感じの時につかいます。

例えば。。。

“Do you want to go out to eat for dinner?”
【夕食は外食する?】

“It’s up to you, Although I don’t mind to cook.”
【あなたが決めていいよ、私は料理してもいいけど。】

“It’s up to you”と“It depends onの違い”

どちらも【あなた次第】の訳になりますが、”It’s up to you”は【あなた次第であなたが決めていいよ】
しかし”It depends on you”は【あなた次第で私が決める/物事が決まる】となります。

・”Do you want to watch movie A or movie B? It’s up to you.”
【映画Aと映画Bどっち見たい?君次第でいいよ。】
・”I want to watch movie B!”
【映画Bがいいかな!】

”Can we go to the cinema at 7:00? It depends on you.”
【映画館に7:00に行けるかなぁ?あなた次第なんだけど】
・”Would be fine, I will text you when I leave my office.”
【行けると思うよ、会社出る時に連絡するよ。】

★英会話教室リンゲージ横浜校TOPに戻る★

使えるフレーズ“up to you”

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ 使えるフレーズ“up to you”