ビジネスシーンで使える英語フレーズ

こんにちは!横浜校アドバイザースタッフのMoneです。
今回は、ビジネスシーンでの欧米式挨拶の基本についてお話します!

始めての相手との会話ルール

欧米人との挨拶の場合、初対面ならば握手を交わすことから始めます。
このとき、必ず相手の目をしっかりと見つめ、軽めの笑顔で挨拶することが大切です。
見つめ合うことは、欧米でのコミュニケーションの基本!

目を見ないで挨拶をすると、心にやましいことがあるような人、信用できない人、というマイナスの印象に繋がることがあるので、注意しましょう!

自己紹介

すでにメールで何度かやり取りをしている場合は、堅苦しい表現はあまり必要ではないかと思いますが、最低限の勤務先会社名、役職名・部署名、職種名など、自分がどのような仕事をしているかも自己紹介の際に加えると良いでしょう!

自分がどのような仕事をしているかを説明するのは、高度な技になるかもしれませんが、自分の事をしっかりと話せば、信頼できる人ということで相手も心を開き、良い商談やパートナーになるかも(^▽^)

スラングな絶対に禁止!!

皆さんご存知の通り、取引先とのビジネスシーンは、個人でのお話でなく会社が関わってきます。
そのため、英語だからと言ってカジュアルな表現やスラングは使ってはいけません。
ついつい日常会話の延長線で使ってしまいそうなスラングや表現を集めました。
気を付けてみて下さい。

・Yep(そうそう)
・Roger(了解!)
・say hi to Ami (アミによろしく伝えて)
・Please(~して下さい)

日本と欧米ではビジネスルールが異なる時もあるので、仕事先で相手に常識が無い人だと思われて恥をかかないよう気を付けましょう♪

ビジネスシーンで使える英語フレーズ

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ ビジネスシーンで使える英語フレーズ