英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ☆押さえておきたいビジネス英語フレーズ紹介☆

☆押さえておきたいビジネス英語フレーズ紹介☆

みなさん こんにちは!
リンゲージ横浜校のEnrique(エンリケ)です。

今日はビジネス英語のフレーズについてお話します。
ビジネス英語のフレーズは様々なシーンで役立つので、ぜひ覚えて下さい!

本日紹介するフレーズは、多くのビジネスシーンに役立ち、
すでに持っている英語力やスキル組み合わせることで、
使えるシーンの幅がぐんと広がります。

また、多くのビジネス英語フレーズを知るという事は、
みなさんのキャリアパスの新な扉を開くのにも役立ちます。

電話会議などで使えるフレーズ

もし、あなたが海外の多くのビジネスパートナーを抱える会社で働いている場合、
日頃から電話会議やSkypeミーティング、英文メールのやり取りが必要になっていると思います。

ビジネスマナーに適した英語を使うことが出来ているかは
どの様にして分かるのでしょうか?

ここでは効果的ないくつかのビジネス英語フレーズを紹介します。

まずは、“Are we all on?” です。

このフレーズを使う事で電話会議をスムーズに始めることが出来き、
また、会議に誰もが参加できるようにすることに役立ちます。

会議に出席すべき社員が出席していることを確認するために、
“State your name and company/department.”

と尋ねるのも良いでしょう。

電話会議中に接続が不良な場合があり、相手の発言がはっきり聞こえないことがあります。
相手が何を話しているのかを明確にする為には、このように言うことが出来ます。

“Could you repeat that, please?”
“Would you mind spelling that for me, please?”
“Could you explain that in another way, please?”
“I am afraid I didn’t get that.”

プレゼンテーションで使えるフレーズ

リンゲージに通学している多くのみなさんは、
外国人社員に向けて社内で英語のプレゼンテーションを行う必要がありますよね?

次の2つのフレーズは、ビジネスシーンのプレゼンテーションを
より自然なものにするのに役立ちます。

“Good morning/afternoon/evening ladies and gentlemen, I’m ○○( your name).”
“Today I’m here to talk about to you about….”

もしくは
“Today I would like to outline our plans for….”

プレゼンテーションの紹介をするには、どのトピックがプレゼンテーションで
カバーされるのか正確に聞き手に導くことが重要です。
そんな時に役立つフレーズはこちらになります。

Firstly, we will discuss…….
Then we will go over…….
And finally, we will conclude with…….

プレゼンテーション中に中断したくない場合には、
こんな風に言うことが出来ます。

“I’d be glad to answer any questions that you may have at the end of this presentation.”

その他の便利なフレーズ

誰かに同意したい場合には、

“Okay, I think we are on the same page here.”

ということが出来ます。

反対意見を表明する場合には、

“It’s different from a perspective, let me explain.”

と言うことが出来ます。

将来のミーティングを設定したい場合には、このフレーズが非常に便利です。

“I’d like to set up a meeting with you at your earliest convenience. When are you free?”

これらのフレーズが次の英語を使ったビジネスシーンで役に立つことを願っています。

☆押さえておきたいビジネス英語フレーズ紹介☆

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP