英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログちょっと待って!そのカタカナは英語じゃないかも!?

ちょっと待って!そのカタカナは英語じゃないかも!?

こんにちは。
横浜校のRoomyです。

日本語には多くの外来語が入っていて、
私たちは日常的にそれらに囲まれています。

私たちはカタカナの言葉=英語と思いがちですが、
実は違うものも沢山あるんですよ。
それを知らないで外国人に使うと、話が通じな~い!?という事になりかねません。
今日は間違えやすいカタカナ語の例をいくつか挙げてみようと思います。

日本でしか通じない“和製英語”/または純粋な“日本語”

ここでは、「英語っぽく聞こえるけれど、実は日本で作られたことば」を紹介します。

「リップクリーム」→Chapstick
(バンドエイドのように、商標からこう呼ばれています)

「ガスコンロ」→Stove
(焜炉、という日本語なんですよ、知ってました?

「コンセント」→Outlet
(モールだけではないです。ちなみに差し込む方はplugです)

「電子レンジ」→Microwave
(これは結構有名な話ですよね)

「ポテトフライ」→French fries
(ポテトフライの方が分かりやすいですが…)

「シャープペン」→Mechanical pencil

「コインランドリー」→Laundromat
(いかにも英語っぽいですが、実は和製です)

「ガソリンスタンド」→Gas station

「ホチキス」→Stapler
(ホチキスさんという人が作ったそうな!?)

普段使っている言葉ばかりですが、実は英語ではなかったんですね~

英語ではあるが、読み方が違う語

ここではせっかく言葉はあっているのに、
「発音が違いすぎて通じな~い!」という言葉をご紹介しますね。

「ウィルス」→Virus
“ヴァイルス”という感じです。

「ガレージ」→Garage
“ガラージュ”に近い発音です。

「マクドナルド」→McDonald’s
“マクダヌルズ”という感じです。ネットなどの音声で調べてみてくださいね♪

「アイロン」→Iron
“アイアン”です。

「テーマ」→Theme
“スィーム”という発音です。

せっかく言葉は正しいのに、
これだけ発音が違うと全く通じませんし、相手が言っても聴き取れません。
正しい発音を身に付けていきましょう!

英語ではない言語からきた語

日本には歴史上からも、英語以外の言葉がたくさん入ってきています。

「ゴム」(オランダ語)→Rubber band
「ピンセット」(オランダ語)→Tweezer
「アルバイト」(ドイツ語)→Part-time job
「ピーマン」(フランス語)→Green pepper
「ランドセル」(オランダ語)
→ランドセルそのものはないが、Book bag もしくは Backpackなどです。

これらの言葉はカタカナ語だし日本語でもないですが、実は英語でもありません。
日本は色々な国から色々なものを取り入れて、
日本独自の物に発展させてしまうという特徴がありますね。
良いことだとは思いますが、
英語の上ではそれが思わぬ誤解や間違いを生んでしまっているのも事実です…

今日取り上げた以外にも間違えやすいカタカナ語は身の回りにゴロゴロ転がっています。
外国人に「???」という顔をされる前に、
思い立った時(ぜひこの機会に)調べておくのも良いのではないでしょうか☆彡

ちょっと待って!そのカタカナは英語じゃないかも!?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP