英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログあなたのレストラン(居酒屋)に外国人が来た!どうする!?

あなたのレストラン(居酒屋)に外国人が来た!どうする!?

こんにちは!
横浜校のRoomyです。
最近は、外国人を街中でもたくさん見かけるようになりましたね。
2020年のオリンピックに向けて、これから益々増えていくことが予想されます。お店で働いている方は、外国人を英語で接客する機会も増えてくると思います。
今日は飲食店での接客に焦点を当てて、英語での“おもてなし”を一緒に勉強してみましょう!

「いらっしゃいませ」から「ご案内」まで

まずは、お客様が入店されてからご案内するまでのフレーズです。

「何名様ですか?」
How many people are in your party?

「お好きな席にお掛けください。」
Please sit anywhere you like.

「ただいまお席がご用意できません。
こちらで(10分程)お待ちいただけますか?」
There are no tables available for now.
Would you mind waiting here (for about 10 minutes)?

どのくらい待つ可能性があるのかを言ってあげた方が親切です。
知らない国で放っておかれると辛いですよね…

「こちらへどうぞ。
こちらの席でよろしいでしょうか?」
This way, please.
Would this table be OK?

窓際の席がよろしいですか?」
Would you like a seat by the window?

オーダーのお伺い

お客様が席に着いてから、オーダーを取る時に使うフレーズです。

「ご注文はお決まりですか?」
Are you ready to order?

「これがオススメです。」
I recommend this.

外国人の人が何を注文したらいいかを迷われていたら、
おすすめを教えてあげましょう!

「この料理には___が入っています。」
This dish has (contains)___.

料理の写真を見ただけでは、
どんな材料が使われているのか判断するのは難しいものです。
説明をちゃんとしておけば、後のトラブルが少なくなります。

「何か食べ物にアレルギーはありますか?
Do you have any food allergies?

外国でアレルギーがあるものを食べてしまい、
病院に運ばれるほど悲しいことはありません。
ここで何か食べられないものがないかどうかきちんと聞いてあげましょう!

お飲み物は如何ですか?」
Would you like something to drink?

「コーヒーは食後でよろしいでしょうか?」
Would you like your coffee after the meal?

「ご注文は以上でよろしいですか?」
Anything else?

食事を提供する

食事をテーブルに運ぶ時のフレーズです。

「こちらはお通しです。」(居酒屋さんなどの場合)
This is an appetizer.
☆It’s part of the service charge.

お通しが無料ではなく、有料であるという事をお伝えするために、
外国でも払う必要があるサービス料として紹介してあげるとスムーズに行きます。

「こちらが~です。」(料理を出しながら)
Here’s ~.

この時にもしお料理の説明が英語で出来たら、素晴らしいですね。
いくつか考えて紙にメモしておくといざという時に使えますよ!

「お食事は全てお揃いですか?」
Will that be everything?

「どうぞごゆっくり。」
Enjoy the meal.

いかがでしたか?
外国人のお客様が来てもソワソワしたりせず、堂々と接客したいものですね。

今回はご来店から料理をお出しするところまでの接客で使える、おもてなし英語を勉強しました。
次の機会に食事中からお見送りまでの英語を勉強しましょう!

あなたのレストラン(居酒屋)に外国人が来た!どうする!?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP