英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログリンゲージのテキスト、DE(ダイレクトイングリッシュ)って?

リンゲージのテキスト、DE(ダイレクトイングリッシュ)って?

こんにちは。横浜校のRoomyです。
今日はリンゲージで使われているテキスト“Direct English”をご紹介したいと思います。

セルフスタディ用教材

ダイレクトイングリッシュは世界中で英語を母国語としない人々に使われている英会話の自己学習用教材です。
というわけで、この教材を使えば実はひとりでも勉強できてしまいます。

が、しかし、自分一人では会話の練習や上達はなかなか難しいですよね。
独り言を言う、という勉強法もあるそうですが、自分が口に出している英語が正しいかどうかも分からない。

そこで、登場するのがリンゲージです。
自宅だけでも完結するテキストを使って自己学習をして頂き、リンゲージに来て今度はアウトプットの部分を存分に練習して頂く。
それによってリンゲージでの英語学習はどこにも負けない、取りこぼしのない、パーフェクトな形になっているのです。

コンパニオン

ダイレクトイングリッシュはかなり分厚い箱に一式が収まっています。
構成はCourse bookCompanionWorkbookAudio packの4つなのですが、私のいち押し教材は「コンパニオン」です。

「コンパニオン」はテキストである「コースブック」の解説本です。
レベル1~3は日本語で書かれており、レベル4以上は英語で書かれています。
これが高い参考書を買うよりもずっと使える本なのです。

DVDやCDを見たり聴いたりする時にどこにポイントを置いたらいいか、レッスンに出てくるフレーズの詳しい解説、巻末にはそのレベルで使われる主な単語がアルファベット順でリストになっており、その単語がどのユニットで出てきたかもちゃんと書いてあります。
ですので後で復習をする時にもとても便利ですよ♪

それに“Cultural Note”という外国のトリビア的なコラムもあって、読み物としても面白いです。(例:アメリカの賃貸マンション事情について、アメリカ人の主なルーツは?)
おまけにSelf-testまでついているので、内容についてどこまで理解しているのかを試すことが出来るんです。

これを1冊隅々まで読めば、実力がつく事うけあいです。

まずはDE(ダイレクトイングリッシュ)をしっかりと!

英語を勉強していてなかなか上達が感じられないと、ついつい色々な教材に手を出したくなりますね。
次から次へと教材を買って、積んだままの生活…耳が痛いです…。

でも多くの方が色々な場所で述べておられる通り、一つの教材を覚えてしまう位完璧にすること、が上達の近道だそうです。

まずはこのダイレクトイングリッシュをじっくりと勉強してみませんか?そして数ヶ月後、きっと自分の英語力が伸びていることに気付くはずです。
一緒に頑張りましょう!

リンゲージのテキスト、DE(ダイレクトイングリッシュ)って?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP