カナダの留学体験記 -自然-

カナダの留学体験記 -自然-

こんにちは。横浜校のRinaです!
今回は私が語学研修で訪れたカナダ・ビクトリアの豊かな自然についてご紹介します。

私は今年の2月に1ヶ月間の語学留学に行きました。
日本とは全く違う環境に身を置くことで、英語だけでなく自然の豊かさを学ぶことが出来たのでぜひ読んでください(^^♪

20年ぶりの雪

私が日本を発つ前、「ビクトリアは温暖な気候で雪はめったに降らないから安心してね」と言われました。
ところが空港に着いて外を見てみると雪が降っていてとても寒かったです!
雪なんて聞いてないぞと思いつつホストファミリーのもとに向かったのですが、なんとホストファミリーは雪の中傘も差さずウェルカムボードを掲げてくれていました(優しすぎる!)。

ビクトリアに雪が降るのは約20年ぶりらしく、子どもだけでなく大学生も雪合戦をして遊んでいるのを何度も見かけました。
2月の前半はずっと雪が降り続き、ひどい時には学校のクラスがキャンセルになることもあったのですが、
先生たちは「君たちはビクトリアで雪を見ることが出来てラッキーだね♪」と明るく笑っていて、
ポジティブに考えるって大切だなと思いました。

野生動物と生きる

カナダでは道端でシカやリスを見ることが出来ます。
私の友達は家に帰っている途中にシカが目の前を横切ったそうで、
その様子をインスタグラムのストーリーに投稿していました。

私の場合、リスは何度か見かけたのですが、シカはなかなか見つかりませんでした。
私のステイ先はバス通りのすぐ近くで交通量がとても多く、帰り道に野生動物を見かけることは全くありませんでした。

どうしてもシカを見たかったので、何回か学校の周りをさまよってみたのですが、やはり見つからず…。
最後のチャンスである学校の最終日、Farewell Receptionの帰りに、やっと茂みの中に立っているシカを見ることが出来ました。
特に人間におびえている様子もなく、野生動物と人間が上手く共存しているなと感心しました。

この写真の中にシカが隠れているのでぜひ見つけてください!

静かで穏やかな海

友達とお昼にエッグベネディクトを食べに行こうと言われていた朝、
午前中に何も用事が無くホストファミリーも家を出なければならなかったため、私はお散歩に出かけました。

バスでダウンタウンに向かって、街の雰囲気を楽しんだ後少し足を延ばして海の近くへ…。
少し歩くと海岸に降りるための階段があり、迷わず降りていくと目の前には広い海!
小さな流木があったのでそこに座って波の音に耳を傾けていました。
海の向こうにはアメリカ・シアトルが見えました!
シアトルにはフェリーで行くことができます♪
私のクラスメイトも何人かシアトルに行ったのだとか…。

波の音によって余計な音がすべて取り除かれ、時間を忘れて落ち着くことができました。
ショッピングもいいけれど、たまには自然に囲まれてゆっくりするのもいいなと思います。

みなさんもどこか訪れた際は自然にも目を向けてみてください(*^-^*)