英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログYaseminからのお手紙『ワーキングホリデーとサヨナラの時 Part 1』

Yaseminからのお手紙『ワーキングホリデーとサヨナラの時 Part 1』

こんにちは、横浜校のRoomyです。今日は先日6/15で、大変惜しまれながらリンゲージを退職されたYasemin先生からの皆さんへのお手紙を紹介したいと思います。

【Why you should do a working holiday if you have the chance to. Especially If you are the scaredy cat and crybaby kind of person. Like me.】
【チャンスがあるならワーキングホリデーをした方がいい理由。あなたが意気地なしで弱虫な人間だとしたら…。そう、私みたいに。】

Working Holiday and Time to Say Goodbye(Part 1)

ワーキングホリデーとサヨナラの時

Hello everyone, this is Yasemin from Yokohama school and today I want to talk a little bit about my working holiday in Yokohama, Japan.
こんにちは、皆さん。横浜校講師のYaseminです。今日は私の日本でのワーキングホリデーについて少しお話したいと思います。

Why I came to Japan

私が日本に来た理由

I came to Japan because it has always been my dream to live here. I love the Japanese language and I wanted to improve my language skills (although I feel like English is the only language I spoke here… lol). I'm glad I came though, because I love Japan and all the people I have met here SO much!! I'm very sad to leave Japan, but before I leave, I want to talk a little bit about my working holiday experience in Yokohama and how it changed me…

私が日本に来た理由、それは日本に住むことがいつも私の夢だったからです。私は日本の言葉が大好きで、自分の日本語を上達させたいと思っていました。(でもここリンゲージでは英語しか話しませんでしたが…lol)でも、日本に来れてとても嬉しいです。私は日本が大好きですし、ここで出会った人々も大好きだからです。日本を去ることはとても悲しいです。でもここを去る前に横浜での私のワーキングホリデー体験とそれが私にもたらした変化についてお話したいと思います。

Before I left Germany…

ドイツを離れる前…

… I was really worried. Do you know the feeling of wanting to do something and at the same time not? That's how I felt. I was so excited about finally going to Japan, about making new friends, about living in the country I have always dreamed about living in, BUT at the same time I was scared and worried about a lot of things: earthquakes, tsunamis, huge flying cockroaches in summer, homesickness, social isolation etc etc. The week before I left I was really emotional, and I started to question everything. When the day came and I had to go to the airport, my family and friends were there. About 15 people came to see me off and wish me well which made it even harder for me to leave. I remember how I cried my eyes out and in that moment I felt like I want to cancel everything and stay in my comfort zone. I didn't want to look for a new job, for a new apartment, for new friends and I didn't want to think about all the changes that come with moving to another country. I totally panicked.

…私は本当に不安でした。何かをやりたい気持ちと同時に何かをやりたくない気持ち、って分かりますか?私はそんな風に感じていました。私はついに日本に行くことになったことを本当に嬉しく思っていました。新しい友達を作ることや、いつも住みたいと夢見ていた国に住めることにも。しかしそれと同時に色々な事が怖くて、心配していました。例えば、地震や津波や夏に出る大きくて飛ぶことのできるゴキブリ、ホームシック、それに孤立してしまうかも…などなど。翌週にはドイツを離れるという時には本当に感傷的になってしまって、全てにおいて疑問が湧いてきました。旅立つ日、空港には家族や友達が来てくれました。15人ほどの人々が見送りに来て日本での生活が上手くいくように祈ってくれ、もっと行きたくなくなってしまいました。私は目が腫れるまで泣いて、全てをキャンセルして居心地の良い場所にとどまっていたいと思ったことを覚えています。新しい仕事も、新しい友達もいりませんでした。外国に移り住むことで起こる変化全てを考えることが嫌でした。本当にどうしていいのか分かりませんでした。

ここまでがお手紙の前半です。後半は次回に続く…

Yaseminからのお手紙『ワーキングホリデーとサヨナラの時 Part 1』