英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログビジネスレターを英語で書いてみよう!(^▽^)/

ビジネスレターを英語で書いてみよう!(^▽^)/

皆さんこんにちは!横浜校のMoneです。
突然ですが皆さん、ビジネスメールを英語で書いたことはあるでしょうか。仕事の関係で海外の方に自己紹介やお礼のメール、何か頼むときや情報を伝えるときなどに、メールを送る場面もあるかと思います。

そこで今回は、お礼を述べる場合のメールの定型的な形をご紹介します。

そもそもビジネスメールって何から始めるの!?

ビジネスメールを書くときにはまず、宛先が必要です。ここで流れを確認してみましょう!!

1.宛先
(Dear Mr.~またはDear Ms.~とファーストネームを用いて誰宛てのメールかを明らかにします。知っている相手にはHi~や名前から始まる場合もあります。)
2.自己紹介や冒頭のあいさつ(My name is~やHow are you ?)
3.本文:メールの要件説明(The reason why I am writing this email to you is~)
4.本文:要件に関する補足や謝辞(Thank you for your help)
5.まとめ(日本語で言う“敬具”のことです。SincerelyやBest Regards)
6.差出人名(自分の名前や必要であれば会社の住所などもこの時に記入します。)

好印象を与えるコツ

結論を最初に簡潔にまとめること!!
日本語でも要件を簡潔にまとめることは重要ですよね。英語と日本語のビジネスレターの違いは、結論を先に書くか後に書くかなのです。日本語はずらずら過程を述べ、最後に結論を出すことが多いのですが、英語では先に言いたいこと、つまり結論をはじめに指してからその補足をするのが一般的です。
結論を最初に簡潔にまとめてあると、相手が大変読みやすく、好印象を与えるビジネスメールになるのです♪

さて、これでだいたいのビジネスレターの形は理解できたでしょうか??
ご自身で一度書いてみましょう!Let’s try!!

ビジネスレターを英語で書いてみよう!(^▽^)/