TOEIC新形式の勉強法

こんにちは。横浜校のMoneです。
今回は、英語を勉強している皆さんも気にしたことはあろうTOEICの勉強法についてお話します。
私事ですが、先日2年半ぶりにTOEICを受けました。久しぶりに勉強をするという事で、不安になり、リンゲージの講師やアドバイザーから教わった勉強法の中で、実際に使った勉強法をご紹介します!!

リスニングを毎日行うべし!!

実はTOEICの点数の半分はリスニング!!そのため、いくら文法問題やリーディングの問題をしてもリスニングの点が伸びなければ全体としての点は伸びません。

リスニング対策としては「慣れ」です!!馬鹿にしているのか、と思わないでください...リスニング問題を毎日解いて傾向を知り、耳に慣れを作ることでリスニングの点はアップするはずです。もちろん、毎日全部のリスニングを行うのは時間的にも体力的にもきついですよね。
ですから、自分の好きなパートや苦手なパートだけでも大丈夫です。リスニングを続けることが大事なのです!!

ちなみにこの勉強法を私に教えてくれたのは誇り高き横浜校の日本人講師、Natsuki先生♪

使う問題集は新公式問題集!!

横浜校スタッフに最も良い問題集を調査した結果、TOEICの協会が実際に出版している公式問題集を使うことが、短期間で点数アップを望める問題集だと誰もが答えました。
アドバイザーのMiyuが言うには、公式問題集は解答の中にどうしてその答えになるのかという解説が記載されており、確実に次につながることが出来るため、間違えた問題はもちろん、なんとなく選んだ答えが合っていた問題の解説も読んで理解することが大事だと言っていました。
IIBCのホームページに出版している問題集が載っているので気になる方はチェックしてみて下さい♪

最後まであきらめないで!!!

時間が足りなくなることもTOEICあるある。そこで、時間がなく、全部の問題を解くことが出来なくなるかもしれません。ですが、そこであきらめないでください!!

最後の最後まで英文を読み、手の付けていない問題でも、残り3分になったら適当でいいのでマークをしてください。それだけで20点ほど点が動きます。480点と500点だけでも、だいぶ変わりますよね。ですので、あきらめずに最後までマークをしましょう!!

ちなみに、パッセージが1つよりも2つ、2つよりも3つ、とパッセージが増えるにあたって点数配点も増えます。前から順番通りに解かなければならないという事は無いので、もし差し支えなければ後ろから問題を解くことも必殺技と言えるでしょう。

TOEIC新形式の勉強法