横浜の歴史をご紹介

こんにちは!横浜校のpenguinです。
横浜って、かっこいいものであふれてそうな素敵なイメージがありませんか?
そうなんです!実際に私が働いている横浜の魅力をご紹介したいと思います!

まずは、横浜の歴史から

横浜は元々漁村でした。そこに皆さんご存知のペリーが来航。
日米修好通商条約の交渉のときに、アメリカ総領ハリスがのぞんだ開港地の中には、神奈川・横浜の名はありませんでしたが、幕府がハリスに、神奈川の開港を提案しました。

「江戸にいちばん近い港で、江戸が外国貿易にむけて必ず重要な場所になる」ということで、ハリスはこの提案を受け入れたと考えられています。

横浜の発展

当時日本が世界に輸出できるのは生糸でした。
そのため生産地から港への移動のために鉄道が発達しました。
政令指定都市制度が出来た昭和31年以降、相鉄線を中心に郊外に鉄道が開通。
新幹線開通にあわせて新横浜が形成され、横浜西口には地下街が出来ました。

昭和40年代以降には市営地下鉄、横浜横須賀道路なども開通しました。
人口増加に合わせて、建設も盛んにおこなわれました。ベイブリッジ建設や港北ニュータウン建造といった都市機能の強化。横浜スタジアムも建設されました。

平成5年にはランドマークタワー、平成10年には横浜国際競技場が完成しました。国際競技場では日韓ワールドカップの試合が行われたりと、注目されましたね。
横浜は着々と歴史を作ってきたのです。

現在の横浜

そして現在の横浜は皆さんのイメージのような、きらびやかな街になっています。
カップルと若者で溢れるみなとみらい。
なんでも揃う横浜駅周辺。
おいしいものにありつける中華街。
明りの消えない町、横浜。

横浜の人気カフェ、レストラン、居酒屋、夜景の綺麗な場所等どんどんブログでも紹介していきます!!
横浜校の近くにあるオシャレspotも紹介していくのでお楽しみに!!

横浜の歴史をご紹介