英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログ英和辞典を使うべきか英英辞典を使うべきか

英和辞典を使うべきか英英辞典を使うべきか

こんにちは。横浜校のRoomyです。
皆さんは英語の文章を読む時、英和辞典と英英辞典どちらを使いますか?

本当に英英辞典で理解できる?

「英英辞典を使おう。そうすれば英語を英語のまま理解する英語脳ができる!」
そう力説する人もいます。でも、私は英語の本を読む時「英英辞典」は使いません。
何故か?だって日本語の方が理解が深いし早いから。

例えば”measles”という単語を調べてみましょう。
英英辞典をひいてみると…

“an infectious viral disease causing fever and a red rash, typically occurring in childhood”

…なにか熱の出る病気…?は分かりますね。
でもこの文だけではっきりと単語の意味が言えますか?
英和で調べてみると…「はしか」。日本語で見れば一秒で分かりますね。

英英辞典で調べれば、確かに英語の勉強にはなると思います。
でも、それは説明文の中に使われている単語が全て辞書なしで分かるレベルになってから。
そうでないと、どこまでも辞書を引き続けなくてはならず、本の内容が分からなくなってしまいます。時間もかかりすぎて、途中で読むのが嫌になってしまうことも。
ですので、私は英語の本を読む時はサクッと英和で調べてしまいます。

じゃあ、英英辞典は必要ないの?

それでは英英辞典なんて必要ないのか?と聞かれると、「そうでもありません」というのが私の答えです。

例えば”pernicious”という単語。
これは英和で調べると、「致命的な/有害な」とあります。でも一口に「有害な」と言っても色々なレベルがありますよね。
英英で調べてみると、

” having a very harmful effect on somebody/something,especially in a way that is gradual and not easy noticed
(人や物にとても有害な影響を与えるような、特にじわじわと来て気がつきにくい感じで)となります。

この下線を引いた部分が英和辞典の方には全く書かれていない説明なのですが、英英を引くことで「有害と一言で言ってもどんな風に有害な時に使うのか」がより詳しく分かりますね。

英和辞典ではなるべく簡潔な日本語で英単語の意味を表そうとします。
それはそれで良い面もたくさんあるのですが、より詳しく意味を掘り下げたい場合には英英辞典を使うのがいいかな、と思います。

結論的には…どちらも使うべし!用途によって使い分けましょう!

「Direct English」のCompanionは辞書以上!

リンゲージで使用している「Direct English」にはCompanionという解説書がついています。
レベル1~3のCompanionは日本語で書かれており、レベル4以上は英語で書かれています。これが「Direct English」を勉強する際の辞書の役割をするものです。
本来なら分からない箇所はひとつひとつ辞書を使いながら進めなければいけないところ、日本語訳だけでなくフレーズなどの解説も載っていて、Companionを見るだけでもかなり勉強になるので、是非活用してみて下さいね!

私が書く次のブログでは「英英辞典の楽しい使い方」についてお話します。
では、また♪

英和辞典を使うべきか英英辞典を使うべきか