遠くて近い”away”

こんにちは。横浜校のRoomyです。
今日は”away”という単語についてお話しようと思います。

“away”を使った文…どんなものが浮かびますか?

“Run away!” (逃げろ!)
“Go away!” (あっち行け!)
”Stay away from me.” (私に近づかないで。)
…なにか距離がどんどん遠くなる感じですよね?
でもawayの前に少し言葉を足すだけで、その距離がグンと近く感じること、ご存知ですか?

ある映画の中のセリフです。彼女は有名なデザイナーのドレスを着て、パリのファッションウィーク(1週間に渡って行われる新作ファッションのショー・展示会)に行こうとしているのですが、それにはもう少し痩せなくてはなりません。日々ダイエットに励んでいる彼女が友人に言った言葉。
“I’m just one stomach flu away from my goal weight.” (あと1回お腹の風邪を引けば目標体重に到達するの!)
あともう少し…awayを使っても距離がぐっと近くなった気がしませんか?

もうひとつの例、ある歌詞の一部です。
“I’m only one call away. I’ll be there to save the day.” (電話一本くれれば僕はいつでも君を助けにいくよ。)
片思いの彼女を思った歌です。「電話一本さえくれれば」…僕は君の近くで待機してるんだよという思いと、その一本の電話が来ないという現実、彼が感じている彼女との現実的な距離の近さと、それに対して心の距離の遠さ…想像するだけで切なくて、鼻の奥がツンとしてしまいますね…(グスン…涙)

あ、失礼しました。
”away”という単語ひとつでも色々な距離感が表せますね。
皆さんも周りの人やモノとの距離、”away”を使って表現してみては?

余談ですが、上記の彼、その後 ”Superman got nothing on me.” (スーパーマンだって僕にはかなわないさ。)と、言っています。そこまで言うなら、”Just take
me away from here!” (黙ってここから私をさらっていって!)と、思ってしまうのは私だけでしょうか…?

遠くて近い”away”