英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ横浜校 横浜校ブログスラングを知らないと会話が進まないってホント?

スラングを知らないと会話が進まないってホント?

英語で会話をする際、スラングを知らないと、せっかく培った英語力を発揮することなく撃破されます。ビジネスシーンでも、実はスラングはよく使われ、避けては通れないのです。それでは名詞からどうぞ。

Shades = sunglasses

●Shades
サングラスです。「Sunglasses」といえばいいではないか…。
おっしゃるとおり。でも世の多くの人はshadesを使います。覚えておきましょう。

Super=超

●Super
“超”ですね。日本語で“超”を使うのと同じように使うと思っていただいて大丈夫です。
That coffee is super hot.
(コーヒー超熱いわ)

他にもこんな使い方も…。
A: How are you today?
B: Super
A: 調子どう?
B: めっちゃいい

Super便利な言葉ですね。

Crash=寝る

最後は動詞です。
●Crash
寝る。
Sleepの完全同義語。クラッシュって車がぶつかるときに使わない?
使います。一つの単語が複数の全く違う意味を持つことはよくあるんです。
Can I crash on sofa for a while?
(ちょっとソファで寝ていい?)

覚えることが多いですが、諦めずに頑張ってください。

スラングを知らないと会話が進まないってホント?