ベトナムのフォーについて

ベトナムのフォーについて

こんにちは、新宿西口校アドバイザーの小森です。
最近は蒸し暑い日が続いてますね…夏が着々と近づいてきていますね。
そんな暑い日には熱いものを食べたくなります!

そこで今回、ベトナム料理であるフォーを取り上げたいと思います!
ちなみに英語ではPhoと表記します。みなさんフォーをご存知でしょうか??

とその前に…

まずベトナムの基本情報

言語:ベトナム語が主要言語+英語
日本との時差:たったの-2時間
日本からのフライト時間:直行便あり5~6時間

フォーとは?

ベトナムで作った米粉の麺のことを言います。麺は日本のきしめんに似ています。その平たい麺を茹でて、スープに入れます。牛肉や鶏肉や香草などの具を添えて食べるベトナム料理です。

フォーの歴史

フォーはベトナムの代表的な料理の1つです。ベトナム料理はアジアの女王とも呼ばれ、唐辛子を使う料理が少ないため日本人に大変好まれています。
ベトナムは千年にわたって、中国やフランスの支配を受けてきました。そのため、現在のベトナム料理はその両国の食文化を反映していて大変美味しいです。

いかがでしたか??日本にもいっぱいベトナム料理屋さんあるので、そちらもオススメです。日本から5~6時間でベトナムへ行けちゃうんですよ~!
せっかくならぜひ、この夏行ってみてはいかがでしょうか!