シンガポール特有の英語

こんにちは!
新宿西口校アドバイザーの小森です。
私事なのですが、昔シンガポールに住んでいました。シンガポールの公用語はマレー語、中国語、英語とさまざまです。今回はシンガポールで話されている独特の訛りのある英語「シングリッシュ」について紹介したいと思います。

とりあえずCAN

お店に行った際、「何々ありますか~?」と聞いたとします。
普通の英語なら“Here you are.”と言われると思いますが、シンガポールだとすべてCANで解決します。
強調したいときは、CAN-CANって言います。

語尾に-lah

シンガポールでは現地の人が英語を話す際に、語尾にlahをつけます。
先程紹介した、canにもlahをつけます。
どんな文章にでもまるで、方言のようにすべてlahをつける独自の言語文化があります。最初は違和感がありましたが、滞在していくうちに徐々に慣れていき今ではそれが自然になってしまいました(笑)

基本的にアクセントがあとにつく

初めてシングリッシュを聞いたとき、何を言っているのかさっぱりわかりませんでした!!
英語では、アクセントをつける位置が大変重要です。ですがシングリッシュでは言葉の最後の方にアクセントがつくので、リスニング力が試されますね。
シングリッシュに限らず各国いろんな訛りがあると思うので、旅行の際に聞いてみるのもいいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

シンガポール特有の英語