英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ新宿西口校 新宿西口校ブログフレーズ“I’m not sure”「それはちょっとわかりかねますが」

フレーズ“I’m not sure”「それはちょっとわかりかねますが」

フレーズ“I’m not sure”「それはちょっとわかりかねますが」

こんにちは。新宿西口校の滝澤です。
今日は英語のフレーズ”’I’m not sure.”について紹介します。

I’m not sureの2つの使い方

I’m not sureは「確実ではないのですが」や「わかりかねます」という意味。
1つ目の応用形は I’m not sure + 疑問詞(when, how much, what time)のようにsureでないことをI’m not sureの後に続けて簡単に説明すること。
もう1つの応用形は、I’m not sure if S+V・例えば、I’m not sure if we canは「弊社にできるかどうか定かではありませんが」の意味。

会話文

A. Do you have pamphlet in English?
英語版のパンフレットもありますか。

B. I’m sorry, but I’m not sure.
申し訳ありませんが、わかりかねます。

A. Do you have a dealer in France?
貴社は既にフランスにディーラーをお持ちですか。

B. I’m not sure.Why don’t I send you the answer by e-mail?
わかりかねます。メールでお返事を送らせていただきましょうか。

A. That sounds good. Here’s my Email address.
それはありがたいです。私のEメールアドレスをどうぞ。

応用文

I’m not sure where.
どこなのか、わかりかねます。

I’m not sure when.
いつなのか、わかりかねます。

I’m not sure why.
なぜなのか、わかりかねます。

I’m not sure how.
やりかたは、わかりかねます。

I’m not sure if I understand.
理解しているかどうか定かではありません。

以上、英語のフレーズ”I’m not sure.”でした。
実際、このフレーズはよく使いますので、覚えておくとコミュニケーションがスムーズになると思います。もし英語を話す機会があって、分からないことに直面した時は、このフレーズ”I’m not sure.”を使ってみてくださいね。