フレーズ“Don’t worry about it.”

フレーズ“Don’t worry about it.”

こんにちは。新宿西口校の滝澤です。
今日は英語のフレーズ”Don’t worry about it.”について紹介します。

話し相手に “I’m sorry about that.”と言われた時の返事

“Don’t worry about it.”は、I’m sorry about thatと言われた相手に「いいえ、本当に大丈夫ですよ」と優しく答えたい時に最適なフレーズです。
“That’s OK”も同じ状況で言えますが、これはもっと気楽に”Sorry”と言われた時に返答するといいでしょう。
だから、「本当に全然大丈夫ですよ」という気持ちを表現したい場合は、 “Don’t worry about it.”と言うといいでしょう。

会話文

ちょっと失礼します。
Excuse me.

すみません。
I’m sorry about that.

気にしないで下さい。
Don’t worry about it.

応用文

この件については気にしなくていいですよ。
Don’t worry about this.

プレゼンテ―ションのことは気にしないで下さい。
Don’t worry about a presentation.

昨日のことは気にしなくて大丈夫ですよ。
Don’t worry about yesterday.

以上、英語のフレーズ ”Don’t worry about it.”でした。
英語でお詫びされると、とっさになんて答えればいいか分からない時ってありますよね。
そんな時に、“Don’t worry about it”と返答するといいでしょう。
ちょっと発音が難しいかもしれませんが、何度も声に出して練習すれば、流暢に受け答えできるようになると思います。