英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ新宿西口校 新宿西口校ブログフレーズ”Have a seat.” 「どうぞ、おかけください。」

フレーズ”Have a seat.” 「どうぞ、おかけください。」

フレーズ”Have a seat.” 「どうぞ、おかけください。」

こんにちは。新宿西口校の滝澤です。
今日は英語のフレーズ”Have a seat.”について紹介します。

おもてなしの気持ちを表現しましょう

人に椅子を勧める場合には、”Have a seat”「お座り下さい。」がいいでしょう。
このHave a…は命令文ですが、おもてなしのニュアンスがありますので、失礼にはあたりません。むしろ上品な言い方。
英語で丁寧な表現を使うことは、ビジネスシーンのみならず、プライベートにおいても大人同士では必要となると思います。

会話文

A Hi, I’m looking for Tom. (こんにちは。Tomさんを探しているのですが…。)

B I’ll call him for you. (お呼びいたします。)
Have a seat. (どうぞおかけください。)

A Here or over there? (ここですか、それともむこうのほう?)

B Have a seat anywhere you like. (お好きな席にどこでもどうぞ。)

A Thank you. (ありがとうございます。)

応用文

1 Have a seat here. (どうぞ、ここにおかけください。)

2 Have some more. (もっとどうぞ。)

3 Have a good weekend. (おつかれさまでした。)

4 Have my bicycle. (私の自転車をお使い下さい。)

5 Have a seat if you like. (よろしければ、お座り下さい。)

以上、英語のフレーズ ”Have a seat.”でした。
もし外国人の方々にお逢いする機会があれば、是非おもてなしの気持ちでこのフレーズを使ってみてくださいね。きっと喜ばれると思います。