Conversation

Conversation

こんにちは。新宿西口校の受付担当のMichiです。
今回は、Greetings(挨拶)に関して綴ろうと思います。

みんな逢うと、「Hello」や「Hi」のあとに「How are you?」(元気? / 調子どお?)「How’s it going?」(調子どお?)って言われますよね。
挨拶の一部なんですけど。

以前Instractorから『So so』(まあまあ)『I’m fine』(調子良いよ)が多いように感じるだけど、何故?と聞かれました。

フレーズに慣れてしまってるのもあるかもしれないねと、その時は終わったんですけど…きっとそのInstractorは、もっと生徒様の色んな事を知りたいからこそ、こんな疑問を持ったのではないのかなー?と
Positive(ポジティブ)でOptimistic (楽観主義) な私は思ったのです♪

何故なら「How are you?」って「あなたはどのような状態ですか?」というニュアンスも含まれているので、元気かどうかだけを尋ねている訳でもなく。
とっかかりの言葉、大事かもと。

ではフレーズ増やしていったら交流もっと深まるなぁと(笑)
ということで....

「I’m good」(まあ良いよ)
「I’m OK」(まあ元気よ)
「I’m alright」(いつも通りの調子だよ)

これらは良く聞きますよね。

「Not bad」(悪くないよ)
「Not too bad / Not so bad」(そんなに悪くないよ)
「Could be better」(いまいち)
「Pretty good / Pretty well」(かなり良いよ)
「Great」(とっても良いよ)
「Awesome」(とっても良いよ)

これらもまあ使われるかな…。

「Better than ever」(今までより最高)
「Never better」(もう最高だよ)

これッ!!!
これです!!!
いつかHappyな事があった時に使って欲しいです:)
Happyのお裾分け、School一同待ってます(笑)

先行フレーズはこのように挙げたとおり、沢山あります!
そこから「何故なら…」「でもね…」と付け足していくだけで、きっとまた新たな会話が生み出されて話ももっと弾むと思います♪

そして『あなたは?』ってInstractorにも聞いてあげてくださいね。

いつも受付からInstractorと生徒様が、Free talk table や Eventsで会話している様子をみて、心の中で微笑みの眼差し以上に喜んでる私がいます。
積極的に参加してくださって本当に感謝でいっぱいです!

そんな私、先日あるInstractorに『How are you?」と聞かれたので、『悪くはないけど、ここ最近の生活がつまらないかも』と言ったら、そのInstractorから「じゃあ、やっぱり恋とかそういう刺激を入れた方が良いねと(以下、略)」と返答が…。

『あっ、、、はい。』
まぁ、当分別の刺激で満たされようと思った1日でした(笑)
では、また。See you soon!