西口校のアネゴ!?Sayakaの紹介

西口校のアネゴ!?Sayakaの紹介

こんにちは!新宿西口校の小野田です!
今日は、西口校のADV「Sayaka」の紹介を致します。みんなの面倒をみてくれるアネゴ的存在です!

3歳で家出?!

北海道の旭川出身のSayaka。3歳の頃、リュックサックにおもちゃのマイクを1本だけ入れて、1人で遠出をしようとしちゃう子だったそうです!
普段は左利きなのに、お箸を持つのは右手なんです。小さい頃おばあさんに直されたそうです。
21歳で上京。ワーキングホリデーの経験もあります。アイルランドに1年間、そしてドイツのデュッセルドルフに10ヶ月間滞在したそうです。この10ヶ月間の中の2ヶ月間はロンドンで演劇の勉強をしていたそうです。アイルランドではベビーシッターをしており、その子供がアイルランド人と日本人のハーフだったので、子供から英語を学び、子供に日本語を教えていたそうです!現在はリンゲージで働く傍ら、舞台俳優としても大活躍!

西口校のオープニングメンバー!

2014年8月からリンゲージで働いていて、2015年6月から西口校のオープニングメンバーです★
西口校で働き始めて一番印象に残っていることは、イベントの片付け中に講師のTomが間違えて非常階段に入ってしまい、閉じ込められてしまったそうです。(西口校の非常ドアは一度外へ出てしまうと、外側からは開かないのです。)
西口校は10階にあるので、しかたなく1階まで階段で降りたそうです。息切れをしながら1階まで降りて、エレベーターで10階まで戻ってきたTomの姿がとにかく面白かったそうです!!そんなTomを紹介している記事も是非ご覧ください!

英語を学びたいと思っている方へメッセージをどうぞ

私は中学高校の英語の授業がとても嫌いで、日本にいれば英語なんて必要ないと思っていました。
ですが、ひょんなことがきっかけでもう一度英語を勉強することになり、英語が話せることでどんどん世界が広がっていくことに気が付いたので、ぜひ私たちと一緒に英語で世界を広げましょう!