舞子さん

英語力をアップして、
可能性を広げて……
夢は海外で働くこと!

新宿本校│グループレッスン

舞子さん

24歳/助産師
趣味:カフェ巡り、読書

英語で伝えられたら……! もどかしさが学びの原動力に

もともと英語の勉強は好きだったんですが、はっきりと興味をもったのは大学生の時でした。たまたま周りに留学をする人が多くて、刺激されて自然と「私も留学したい!」と思ったんです。でも長期の休学は難しかったので、夏休みに3週間だけサンフランシスコに短期留学をしました。初めての留学は、楽しい半分、悔しい半分でしたね。通っていた語学学校の授業でも、相手が言っていることは分かるのに、自分の考えていることをちっとも英語で表現できないことがもどかしくって。
大学卒業後は助産師として働いているのですが、勤め先の病院は日本在住の外国人の患者さんが多いんです。出生証明書など事務書類の書き方の説明をしたり、医師と患者さんの橋渡しをしたりする時に、英語で正確に伝えるのが難しくて……なかなか言葉が出てこないんですよね。でも、英語で話すと患者さんが「心強い!」ってすごく喜んでくれるんです。もっと英語力をつけて、出産前後の心細い気持ちに寄り添えるようになりたいと思いました。

インタビュー1

「英語で考えて、英語で話すモード」へのスイッチが入りやすくなりました

リンゲージを選んだのは、フレキシブルにレッスンを入れられるのが決め手でした! 私はシフト制で働いていて、通える曜日や時間帯が流動的なんです。もし固定レッスンだったら通うのが大変だったと思うんですけれど、スケジュールに合わせてレッスンの日や時間帯を簡単に選べるから、余計なストレスを感じずに通えています。
週に1回のペースで始めて半年経ちますが、コンスタントに英語を勉強する習慣が出来てきて、自然と英語へのモチベーションが高まりましたね。授業のための予習復習以外にも勉強しようと思うようになったり、日頃から英語に意識が向くようになったりしています。
授業はテキストにそって進められるんですけれど、その日の内容に絡めて「あなたはどう思う?」なんて質問もされます。もちろん先生は答えやすいように配慮してくれるんですけれど、とっさに思いつかないこともあって……そういう時って、後から「あの時こう言えばよかったな」なんて思いつくんですよね(笑)。月に1回、その月の勉強内容を振り返る回があるので、覚えておいて言うようにしています。テキストで学習した表現を使って自分の考えを話すのは、すごく勉強になりますね。ネイティブの先生と話をしているうちに、「英語で考えて英語で話すモード」になるスイッチが入りやすくなった気がします。

インタビュー2

海外で専門を生かして働きたい!

今は「職場で接する患者さんに、医療の専門的な説明も出来るようになりたい」というのが目標ですが、将来的には海外で働きたいです。日本より医療が進んでいる国で働いたり、研究者として大学院に入ったり、発展途上国でボランティアをしたり……色々なルートがあるのでまだはっきり絞ってはいないんですけれど、周りの先輩方に海外で働いて経験を積んで、日本に還元されている方が多いので、自分も続きたいんです。そのためには現地で語学学校に通って、専門資格の免許を取れるレベルの語学力を身につけたいなと。日本在住の外国人の方に医療支援をしたりもしたいですし。英語を学べば学ぶほど可能性を広げられると思うので、どんどん勉強したいですね。

インタビュー3

10年後の自分へのメッセージ

メッセージ

スクールに通うひそかな楽しみ

先生とのお喋りでわかる、日本人との差

先生とお喋りすることですね! 皆さん個性的で面白いですし、ちょっとした間の取り方なんかが日本人とは違って、そういう差をみつけるのも楽しいです。話しているのは「どこのカフェがいい」とか、他愛もないことです(笑)。

先生とのお喋りでわかる、日本人との差
不安が解決したらまずは体験レッスンへ♪