オンライン英会話も選べる!

洋書で英語力アップのススメ★パート2

こんにちは!WEB担当のまいまいです!

前回は、「洋書の選び方」についてお話しさせていただきました。
今回は、「洋書はどこでゲットすればいいか?」についてお話しさせていただきたいと思います!

王道は大型書店

洋書が読みたくなったら、まずは大型書店に実際に行ってみましょう!
本屋では様々な洋書がラインアップされていますから、
冒頭だけ立ち読みして、相性がよさそうな本を見つけることが可能です。

新宿ですと、南口の紀伊国屋書店”Books Kinokuniya Tokyo”が洋書専門店ですし、
西口のブックファーストにもたくさんの洋書ベストセラーがそろっています。
その他、神保町の三省堂書店、東京駅丸の内口にある丸善でも洋書の取り扱いが豊富ですから、
機会があるときにぜひ行ってみて下さい!

欲しい洋書を安くゲット!Amazon

欲しい洋書があらかじめ決まっているときは、アマゾンがいいと思います。
アマゾンではたいてい、定価の数パーセント引きの値段で本を買うことが出来ます。

おすすめなのは、Kindleにダウンロードして読むこと。
Kindleはアマゾンが提供する電子書籍なのですが、
Kindleなら紙の本より安く本を買うことが出来ます。
またWord Wiseという、難しい英単語を優しい表現で言い換えてくれる機能がついていて、
理解がしやすいです。

アンドロイドのKindleアプリでもWord Wiseが使えるそうなので、
アンドロイドスマートフォンの方はぜひダウンロードしてみて下さい!
(残念ながらiPhone版のKindleアプリはWord Wiseに対応していません((+_+)))

そして、最近のアマゾンのサービスで注目なのが「オーディブル」というオーディオブック。
ナレーターが本を読んでくれるので、耳からストーリーを理解することが出来ます。
英語のリスニング力アップになることもあって、英語学習者の間で話題です。
もちろん、本も欲しいと思ったら購入することが出来ます。
その際は、オーディブルの会員なら30%引きで買えるそうですよ。

通ならBook Depository

Book Depositoryはイギリスの会社が運営している書店サイトです。
全てが英語で書かれているので、英語に抵抗のない方向けのサービスです。

小説や実用書、漫画や絵本など常時1700万冊以上の本がそろっており
日本を含む100か国以上への配送料が無料なんです。
だからといって、その送料の値段分が高くなってわけでもなく、
日本で買うより安いものも見つかります。

特に注目なのが、有名日本人漫画家によるマンガの英語版が豊富なこと。
マンガ好きな方は、こちらでお気に入りの漫画家の英語版を買って英語学習をするのもよいかもしれません。

また英語以外の言語、スペイン語・ドイツ語・フランス語・ポーランド語・イタリア語・フィンランド語の書籍にも対応していますので、これらの言語を学習中の方は必見です。

ご興味のある方はサイトを覗いてみて下さいね。

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

洋書で英語力アップのススメ★パート2

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
最大3ヶ月グループレッスン無料!
まずは気軽に無料体験