感染予防対策について

安心してレッスンを
受けていただくための取り組み

英会話リンゲージでは、今後もお客様に安心してレッスンを受けて頂くため、以下の対応を強化して参ります。

マスクの着用

マスクの着用

室内換気の徹底

室内換気の徹底

飛沫防止アクリル板

飛沫防止アクリル板

体調確認のご協力

体調確認のご協力

手洗い・消毒の徹底

手洗い・消毒の徹底

教室内の消毒清掃

教室内の消毒清掃

お手持ちのスマートフォンやタブレット、PCから受講いただけるオンライン英会話レッスンもございます。

オンライン英会話も選べる!

まいまいの中国体験記パート5★大連編

こんにちは!WEB担当のまいまいです!

パート1~パート4で、Beijing Olympics前のBeijing(北京)Shanghai(上海)の様子をレポートしました!
今回は、その旅から7年後に行ったDalian(大連)の様子をレポートします!

▶まいまいの中国体験記★パート1天安門広場と故宮
▶まいまいの中国体験記★パート2万里の長城と名も知れぬ街
▶まいまいの中国体験記★パート3頤和園(Summer Palace)
▶まいまいの中国体験記★パート4上海

仕事でDalianへ

さて、最初の中国旅行から、7年くらいたったころでしょうか。
当時の私は教育関連の仕事をしていて、生徒数の減少に悩まされている私学高校にいました。
その解決策として上層部が考えたのは、中国人留学生を迎えること。

そこで、私たちの高校は生徒募集説明会をDalianの高校で行うことになり、私はそのお手伝い要員としてそこへ行くことになりました。

ちなみに「生徒を募集する」という意味の英語表現は、”recruit”の動詞を使って”recruit students”になります。「生徒募集」と名詞形にしたいときは”Student Recruitment”になりますね。そして「生徒募集説明会」は” Student Recruitment Briefing(Session)”です。

さて、お仕事なので、観光などは出来ないことはわかっていたのですが、
Dalianに行かれるなんてまたとない機会です。

Dalianに行ったことのある友人に連絡を取ってどんな所か聞くと、
日本が一時期統治していたこともあって、とても綺麗なところだよと教えてくれました。

ますますワクワク感が増してきます!

Dalianの高校

Dalianに着くと、今回のお仕事の通訳兼コーディネーターを3人紹介されました。
1人が責任者で、30代後半くらいの男性、もう一人が副責任者で、40代前半くらいの女性、もう一人が大学を卒業したばかりの新人女性でした。
3人とも日本語がペラペラで、英語を使う場面がなかなかありませんでした。
簡潔に自己紹介し、さっそく中国の高校に向かいます。

中国の高校は、とにかく「でっかい」!
グラウンドも校舎も体育館も、日本とは比べ物にならないくらい大きかったです。
生徒数も、日本とは比べ物にならないくらい多い!
日本だと、この規模の大学もなかなかないんじゃないかな?
中国大陸の大きさを痛感しました。

さて、日本への留学に興味を持った生徒たちを集めた大教室に通され、
いざ、説明会開始です。

説明会の通訳を担当してくれたのは、大学を卒業したばかりの新人女性でした。

中国人の生徒たちの反応はすごく面白かったです。
日本人だと、こういった説明会では反応もなくとりあえずおとなしく話を聞いている感じですが、中国人はひとつ一つの発言にリアクションがあって、日本と中国の国民性の違いにびっくりしましたね。こんなに反応があるなら、中国人に何かを教える仕事をするのはすごく楽しいだろうなと思ったことを覚えています。

この日のStudent Recruitment Briefingはとりあえず成功し、ステイ先のホテルへと戻りました。
帰りのタクシーの中でDalianの街並みを見ましたが、本当にきれいな街で
次回はプライベートで旅行に来ようと決心しました(*^^*)

中国のビジネスホテル

中国のビジネスホテルも大きかったですね。ランク的にはアパホテルぐらいなのですが、とにかく大きいので、すごくゴージャスに見えました。

ちなみに、中国に行って英語の”Hotel”にあたる漢字が「酒店」であることを学びました(*^^*)

ロビーに入ると、上司たちと責任者のコーディネーターさんとで明日の打ち合わせが始まりました。
私と新人コーディネーターさんはやることがなかったので、少し会話をしました。

「日本語うまいですね」と言ったら、大連外国語大学で(日本で言う東京外国語大学のようなところ)日本語を専攻していたとのこと。他に英語も得意なんだとか。同級生の彼氏がいて、彼は医学部なのでまだ学生をしているけど、将来的には結婚をする予定なんだと言っていました。

私は、名前の漢字が美しいとやたらとほめられましたね。私の名前は漢字三文字なのですが、中国には名前を三文字でつづることはないから、中国人からすると珍しいと言っていました。

そんな世間話をしていると、お偉いさんたちの打ち合わせが終わったようで、部屋のキーを渡されました。

私が泊まった部屋はノーマルクラスだったのですが、
広さが日本とは格段に違い、もはやセミスイートルームでした(#^^#)

バスタブも大きくて、日本から持ってきた入浴剤とアロマキャンドルで優雅にバスタイムを楽しみました。

ベッドはちょっと固かったですが( ´∀` )でもサイズが大きかったので、のびのび寝られました!

さて、5回にわたって中国への旅についてお話しさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。
中国への旅は、すごくお得ですよ!
日本より物価が安いから、日本と同じ値段を出せば、かなりゴージャスな旅行を楽しめると思います!
もし、コロナが終わった後で海外旅行に行きたいと思っている方は、中国を検討してみてくださいね!
とっても素敵な旅になること間違いなし★ですよ!!

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

まいまいの中国体験記パート5★大連編

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験