英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ まいまいの中国体験記★パート1天安門広場と故宮
オンライン英会話も選べる!

まいまいの中国体験記★パート1天安門広場と故宮

こんにちは!WEB担当のまいまいです!

みなさん、海外旅行はお好きですか?
私は、さほど頻繁に海外旅行にはいかないのですが、
以前中国とアメリカに行ったことがあります。
中国へは2回行ったのですが、1回目は旅行で北京と上海に、2回目は仕事で大連に行きました。
今回は、パート1~3でBeijing(北京)、パート4でShanghai(上海)、パート5でDalian(大連)に行ってきたときの話を書きたいと思います!

中国に行くことになったわけ

一番最初に中国に行ったのは、Beijing Olympics(北京オリンピック)が始まる前です。
友人が建築関連の仕事をしていたのですが、Beijing 2008関連の仕事を北京で担当することになり、赴任しました。
しばらくして仕事が落ち着いたあたりに、彼女に会いにBeijingまで遊びに行ったのです。

彼女の中国ライフは、非常に快適そうでした!
会社支給のひろ~いマンションに住んでいて、物価も安いし貯金がめちゃたまるって言ってました(*´▽`*)
そ、そしてなんと、赴任中に中国人の彼氏までゲットしていて、ラブラブ…!!!
中国に着くなり彼を紹介され、どぎまぎしてしまったことを覚えています…!!!

そしてBeijingの街でびっくりしたのは、歩行者より車の方が強いこと。
日本だと、ドライバーさんは歩行者に道を譲ってくれますが、中国は車の方が強いです((+_+))
ぼーっと歩いているとひかれるので、気を付けてくださいね!

Tiananmen Square(天安門広場)

今回の旅は、彼女が全部コーディネートしてくれたので、私は彼女についていくだけだったのですが、まず最初に連れて行ってもらった観光地は”Tiananmen Square”でした。

“Tiananmen Square” までは地下鉄で移動し、まず駅のそばのお店で早めのランチを食べました。
中国の食堂で食べる初めての食事でしたが、なかなかおいしかったですよ。
ただ、量が多かったので、友人が食事を残したのですが、
私たちが席を立つとすぐに、ホームレスの方が席についてそれを食べていました(@_@)
そんなところも中国だなって思ったのを覚えています。

さて、気を取り直して、Tiananmen Squareまで徒歩で移動しました。
Tiananmen Squareは、ニュースで何度も目にしていましたが、実際にその場に立つとそのスケールの大きさにびっくりしてしまいました!!!
とにかく、めちゃくちゃ広大なんです!!!Mao Zedong(毛沢東)主席の肖像画もめちゃくちゃビック…!!!うわぁ~これが中国なんだぁ!!さすが4000年の歴史を誇る大国だな~!!と非常に感慨深かったのを覚えています。

そして、広場には緑の制服を着た武装警察隊が行進の練習をしていて、
思わず写真を何枚もパシャパシャ撮っちゃいました。

ただ、不用意に歩いているとホームレスの方から”Give me money!”とお金を要求されるので、テンションはあげつつも冷静さを失わずに観光をしました。

Forbidden City(故宮)

Tiananmen Squareのすぐ後ろにはForbidden Cityがあるのですが、ここは入場料が必要なのでホームレスさんはいませんでした。

すごく広大な上、建築物がとても美しくて、そのすばらしさにため息が出てしまったのを覚えています。こんな素敵なところでかつての中国の歴代皇帝が暮らしていたなんて、うらやましい限りです。

あまりに広大で美しいので、建造物のダイナミックさをカメラに収めたくて、
地面にごろんと寝転がったアングルで、写真を何枚も取ったのを覚えています。

あとは、おもいがけず「聖地巡礼」になったことも、テンションが上がりましたね(*^^*)
私が子供のころ、第一回ファンタジーノベル大賞の受賞作家、酒見賢一さんの『後宮小説』を原作に作成された『雲のように風のように』というアニメがあったんですけど、そのお話は Forbidden City が舞台だったので、「あぁ~、銀河(主人公の女の子)はここで花嫁修業をしてコリューン(銀河ののちの夫)と出会ったんだ~!!」とうれしくなったのを覚えています。

そのほか、以前読んだ中国の歴史ロマン小説のことなどを思いだしつつ、Forbidden City観光を思う存分楽しみました!

ちなみに、「聖地巡礼」を文字通り英語に訳すと”pilgrimage to a sacred place”になるのですが、これだと英語ネイティブさん達には、アニメのロケ地を巡ることだとは理解してもらえません。
日本語の持つ熱いニュアンスを訳せてはいないのですが、この場合は”I visited the location of scenes in my favorite animation.”などと詳しく説明した方が、理解してもらえます。

さてさて、もし中国に初めて旅行に行くことになって、行き先が特に決まっていないときは、ぜひ北京で「Tiananmen Square」と「Forbidden City」に訪れることをおすすめします!
中国のスケールの大きさや歴史ロマンを存分に味わうことが出来てすごく楽しいですよ!
行く前は、中国の歴史を復習したり、中国の皇帝を題材にした小説などをお読みになってから行くと、感慨もひとしおかと思います!

パート2に続く

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

まいまいの中国体験記★パート1天安門広場と故宮

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験