英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ 英語ができると本当に有利?就職活動の実態とは…
オンライン英会話も選べる!

英語ができると本当に有利?就職活動の実態とは…

こんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のHarukaです。

皆さんは一般的な就職活動において、
英語や他の言語が堪能であれば有利になる
といったことを耳にしたことはありませんか?

実際はどうなのか?
今日は、就職活動のリアルについてお届けします!

書類審査に英語は関係ある?

英語ができる、できないことの指標として用いられるTOEIC
日本の多くの企業では、履歴書エントリーシート
TOEICのスコアの記入欄があります。

TOEICを受検したことがなければ勿論書かなくても大丈夫!ですが、
書けるものなら書いた方が書類だけでなく、
面接の段階でプラスの評価に繋がるでしょう。

まず、履歴書やエントリーシートの段階で
TOEICのスコアが高いと書類が通りやすいのかという点ですが、
その点は実態がやはり分かりません。
決してそのスコアだけで判断されていることはないのですが、
同じ学歴や同じような経験をしている学生同士の場合、
英語や他の資格がもう一つの判断基準となっていると考えられます。

英語ができることは面接で役立つ!

書類審査よりも英語ができることが大いに役立ったと
個人的に感じたのは面接時でした!

1日に何人もの学生を面接する面接官。
エントリーシートには、学生時代に力を入れたことや志望動機を書くことが一般的ですが、
多くの学生が部活動やサークル活動、
アルバイトの事など同じようなことを書いてしまう傾向にあります。
そのため、何か面接官の目に留まる情報があると、面接でも突っ込まれやすいのです。
TOEICはその鍵となること間違いなし!

私自身、留学から帰ってきて受けたTOEICでは高いスコアが出せたため、
就職活動でも英語について聞かれる機会は多くありました!
例えば、「英語を将来生かしたいと思っている?」
「英語を学び異文化に触れることで何か得られたことはある?」等…。

自身は学生時代に力を入れたことでは、全く留学や英語と関係のない話題をしていましたが、
TOEICのスコア一つで、“自分”という人間を印象付けるべくお話を広げることができました。
今思えばTOEICを受けておいて良かったなと感じた瞬間です!

いかがでしたか?

就職活動前のみなさん!
TOEICはなんとなく受けなければな...と
思われている方も多いのではないでしょうか。
しっかり点数を取れば話題がまた1つ広がるのです!

話題作りとしてのTOEIC受検をぜひ前向きに検討してみてくださいね!

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

英語ができると本当に有利?就職活動の実態とは…

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験