People from abroadが苦手な食べ物

こんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のYu.Kです!

今回は海外の人が苦手な食べ物や、
日本では普通に食べられていても、
海外の人は食べない食べ物をご紹介できればなと思います!

はじめに

今回、なぜこのテーマにしたかというと、
私の海外の友達がたらこが苦手で、その子個人の好みかと思いきや、
他の海外の人も食べないということを聞いてびっくりしたので、
このテーマにしてみました!

話がズレますが、なぜテーマの海外の人の部分が英語かと言うと、
最近勉強したからです(笑)
単語によっては失礼なものもあるので、注意が必要です。

People from abroadが苦手な食べ物~海の生き物~

さて、ここからは具体的にどんな食べ物が苦手なのか、
お話していきたいと思います!

色々と聞いたり、調べたりすると日本人は魚や魚の卵を結構食べたりしますが、
海外の人は食べる習慣はあまりないみたいです。

*いくら・たらこ
先程お話ししましたが、魚の卵を食べる習慣はあまりないそうです。
魚の卵を食べるなんて...と思うそうです。
いくらはあんなに美味しいのに...。私はコンビニのいくらのおむすび大好きです(笑)

*うに
高級な割にはあまり美味しくなく、
舌触りもあまり好きではないそうです。

*たこ・いか(塩辛)
たこは結構有名ですよね。ヨーロッパでは海の悪魔と言われていたり、
ゲテモノとして扱われたりしてしまうたこ。
たこ焼き用のたこをつまみ食いしてしまうほど私は大好きなのですが...。

そしていか、とくに塩辛は日本人にとってお酒のおつまみとして、
親しまれていますが、ただ塩辛い塩辛はあまり好まれないそうです。
しかし普通のいかは、たこに比べると認知はされているみたいです。
お寿司のネタの中では、苦手な方に入るようです。

*いるか・くじら
こちらのふたつも有名ですね。
私も食べたことはないのですが、
いるかやくじらを食べるためや、日用品のために捕ることは、日本の伝統の一つ。

なぜ、海外の人は苦手というか嫌な顔をするのでしょうか。
それぞれの動物に対して感じることは、人それぞれですが、
いるかやくじらは豚や牛と違って、心がある動物とされているみたいです。
なので、食べてはいけない動物という事なのですが、
では他の動物は?と私は感じてしまいます...。
豚も牛も食べているので何も言えないですが、難しいですね。

People from abroadが苦手な食べ物~その他~

*納豆
これは日本人でも苦手な方が多いかと思います。
リンゲージの講師紹介の「苦手な日本食」に、ほとんどの講師が答えています。
納豆じゃないほうが珍しいぐらい!
匂いはもちろん見た目もNGのようです。
好きな日本食はそれぞれなので、
ぜひリンゲージのサイトの講師紹介をチェックしてみてください!
楽しいですよ!♪

*海苔
とにかく「味がしないから苦手」という海外の人が多いそうです。
おにぎりにも使うのに不思議ですね。先程からおにぎりの話が多いですね(笑)

などなど、価値観は国それぞれ、人それぞれです。
日本人が普通に食べていても海外では違ったりします。
国に関係なく、ベジタリアンの人だったり、
ベジタリアンの中にも卵・乳製品は食べるベジタリアン、
魚は食べるベジタリアン、本当に野菜のみ食べるヴィーガンである人や、
空気や太陽光のみで生きる人。
食自体への価値も人それぞれです。
否定するのではなく、受け入れることはとても楽しいです。
色んな国の人と食事を楽しみたいですね!!!

それでは、See you soon!!!

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

People from abroadが苦手な食べ物

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験