英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ NYを舞台に描くドラマ“Modern Love”~Ep.1~

NYを舞台に描くドラマ“Modern Love”~Ep.1~

こんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のYumikoです♪(^ω^)

知人のおススメでAmazon Primeのドラマ
”Modern Love 今日もNYの街角で”を観始めました💛
これはニューヨーク・タイムズ紙の人気コラム
”Modern Love”に投稿された記事を元に少し脚色を加え、
1話完結のドラマにしたもので、各話30分程度と気軽に見やすく、
NYが舞台なのでとにかく画面がおしゃれ!

そして好きな監督ジョン・カーニーが監督していると聞き
「見るしかない!」とまずは1話を観て、まんまとハマりました。
今回はそんな”Modern Love”の第1話を観た感想と、
セリフを少しご紹介したいと思います!

あらすじ

第1話の“When the Doorman Is Your Main Man”は、
『私の特別なドアマン』と訳されていました🚪

“main man”というフレーズには「親友」という意味があるみたいですね!
このタイトルでも語られている通り、
主人公の書評家マギーはアパートのドアマンである
初老の男性グズミンと親友のような不思議な関係です。

グズミンはマギーがアパートに連れてくる男性をことごとく
「気に入らない」と認めません。
グズミンの言う通りなかなか男性とうまく続かないマギーは、
ある日デートした相手との子供を妊娠してしまいます。

シングルマザーとして子供を育てなければいけなくなってしまったマギー。
そのそばにはいつだって親友であり父のようなグズミンがいてくれたのでした。

セリフから学ぶ英語フレーズ

そんな”When the Doorman Is Your Main Man”の中から、
いくつかセリフをご紹介します!

【Maggie】
“I’m like a Wikipedia page with legs.”

「私は歩くウィキペディアみたいなもの。」

⇒本を1日1冊読むという書評家のマギーは、その分知識が豊富。
そんな自分を表現したセリフです。
「歩く○○」というのは”~with legs”と表現するんですね!

【Guzmin】
“No one is going to judge you.”

「誰もあなたを責めたりしません。」
“Do what you wish.”
「したいようにしなさい。」
“But don’t do it because you are scared.”
「ただし、不安を理由にはしないこと。」

⇒子供を産むかどうかを悩んでいるマギーにグズミンが言ったセリフです。
この前のセリフでグズミンは”Everything is possible.”
「何だってやればできます」と言っています。
ずっと見守ってきた娘のようなマギーに対して、
「できないかもしれない」と不安を理由に大きな決断を下さないでほしい
自分の意思で決めてほしいという想いがこもった泣けるセリフです…!

私が気になったフレーズ

30分という短さでありながら、
二人の素敵な関係性にほっこり涙する素敵な1話。
日本語字幕を追いながら英語音声も意識して聞いていたのですが、
後半大きくなった子供を抱き上げるグズミンが
しきりに言っていたセリフが耳に残りました。

“Look at you!”

というものなのですが、
使ったことがないフレーズです😳

意味を調べてみると、これは驚きや感動を表すフレーズで、
そのニュアンスはその時々によるようです。
「あらあら!」「おやおや!」「うわー」
のような印象です🤔

綺麗なドレスを着ている友達に
”Look at you! You’re so beautiful.”
わー、超綺麗!」という場合や、

散らかった部屋でだらだら何もしない友人に対して
”Look at you!”
もー、ひどいね!」ということもできるみたいです…!

新しいフレーズを知れたな~と思っていると、
早速今日職場で、講師が“Look at us!”と言っているのを聞きました!
チームで何かを成し遂げたときに、
自分たちに向けて言うこともある
みたいですね♪

短く1話完結で見やすい”Modern Love”、
Amazon Prime会員の方は是非通勤・通学のときにでも見てみてくださいね~♪

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

NYを舞台に描くドラマ“Modern Love”~Ep.1~

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験