世界の年越しについて~イギリス編~

こんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のMinamiです♪

前回はアメリカの年越しについてお話ししましたが、
今回は“イギリス”の年越しについて皆さんにお話ししたいと思います!

London New Year’s Eve Fireworks.🎇

ロンドンの年越しと言えば、皆さんご存じ花火大会です!
0時を迎えると、ビッグベンの鐘が鳴り”London Eye”(ロンドンアイ)を中心に
花火が打ち上げられ年越しのお祝いをします!

しかし、ロンドンの花火大会は前回ご紹介した
ニューヨークのカウントダウンイベントとは異なり、
チケット制なのです!!
そのため、ロンドンの花火大会に参加する際には、
事前にチケットを購入する必要があります。
チケットの価格は約1500円ぐらいだそうです。

チケットは10月と12月の年2回
公式ウェブサイトにて販売されるようですが、
秒速で売り切れてしまうため、時間との闘いです💨
しかし、チケットを持っていない人でも
花火を見ることのできるエリアはあるようなのでご安心ください。

イギリスもお正月の習慣がない!!

前回ご紹介したアメリカと同様に、イギリスもお正月の習慣がないようです。
日本では初詣に行くことが当たり前ですが、
イギリスでは大みそかに大量のお酒を飲む習慣があるため、
元旦は遅くまで寝ていることが多いようです。

そして、日本では12/31は祝日ですがイギリスは祝日ではありません。
しかし多くの人は仕事をせず、
毎年この時期に1~2週間の長期休暇を取ることが一般的なのだそうです。
この長期休暇を“クリスマス休暇”と呼ぶそうです。
また、これは私自身少し驚いた情報なのですがイギリスでは、
クリスマスは家族と過ごすようですが、
大みそかは大体の人が友人と過ごし、外へ飲みに行くことが一般的なのだそう。

いかがでしたか?

今回は主にイギリスの花火大会についてご紹介しましたが、
イギリスの町や村で、伝統や習慣が異なるため行われるイベントが異なるようです!
他にもイギリスの年越し事情はたくさんあるので、
ぜひFree Talk Tableでお話ししてみてださい♪

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

世界の年越しについて~イギリス編~

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験