世界の年越しについて~アメリカ編~

こんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のMinamiです♪

早いもので11月も後半に差し掛かり、2019年も残り1ヵ月となりました。
年々1年が終わるのが早すぎて付いていけません笑
日本では年越しに紅白歌合戦や特番を見て、年越しそばを食べ、
除夜の鐘をきくことが当たり前ですが、
世界の年越しはどのように過ごしているのか皆さん気になりませんか??

そこで数週間にわたり、世界の年越し事情を皆さんにシェアしたいと思います!
まず1発目はアメリカからご紹介します!

日本とアメリカのお正月の違いとは…?

日本とアメリカのお正月の違いは何だと思う?と尋ねられた時、皆さんは何を思い浮かべますか?
お正月の違いは大きく分けると5つほどあります。

①アメリカでは祝日はたった1日しかない!?
→ 年明け後3日間もお休みがあるのは日本くらいで、基本は1日のみだそうです。
そのため、アメリカでは1月2日から仕事初めなのだそう。

②アメリカでは年末に大掃除をしない!?
→ 日本では“年末=大掃除“という概念がありますが、
アメリカでは年末に大掃除をする習慣がありません。
ただし、年末にやらないからと言って大掃除をしない訳ではありません。
アメリカでは暖かい春になってから、
窓を開けて大掃除をする”Spring-Cleaning”を行うようです!

③年賀状を送らない!
→ アメリカでは日本でいう年賀状を送らず、
クリスマス前夜にHoliday Cardのやり取りをするようです✉

④お正月のTV番組の違い
→ 日本では駅伝やお笑いの特番を見ますが、
アメリカではカレッジ・フットボールのプレーオフ全米王座決定戦や
ボウル・ゲームを見るようです!

⑤初詣、正月の飾りつけが無い!
→ 当たり前ですが、アメリカには初詣もお正月の飾りつけもありません!
初詣の代わりに元旦礼拝を行っている教会があるため、信者の方は教会へ行くようです。
また、お正月の飾りつけですが、これも勿論無く、
1月半ばぐらいまでクリスマスツリーが片付けられず、残ったままになっているそう笑

NYでの年越しといえば

やはり、”Times Square”!!!
写真と動画でしか見たことがありませんが、
毎年紙吹雪と花火ですごい大盛り上がりですよね!
Times Squareの大晦日は人だかりで身動きが取れなくなるようです。
そのため、Times Squareの大晦日に参加する人は、おむつをして参加する人もいるとか笑
また、Times Squareの大晦日では、
帽子やマフラーなどのグッズが投げて配られるようなので、
周りの人とグッズの取り合い合戦が行われるようです笑

LAの年越しは?

日本人が生活しやすいと言われているLAでは、
「日本向け」だと感じることが多いそうです。
日本では年越し番組で当たり前に放送される紅白歌合戦を視聴することが出来たり、
年越しそばも売り出してくれるようです!

いかがでしたか?
ぜひFree Talk Tableで、世界の年越し事情についてお話してみてください!
次回はイギリスの年越しについてブログを書く予定なのでお楽しみに★

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

世界の年越しについて~アメリカ編~

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験