e-transfer って知っていますか?!

こんにちは!カナダ留学中のゆいです。
今回はカナダ内で使われている画期的な送金方法 e-transfer についてご紹介します!

e-transfer とは

まずはe-transfer とは何なのか?
簡単に説明すると、メールアドレスの情報だけで相手に送金ができるというものです。
一般的には、ツアーの申し込み、家賃の支払い、
友達間でのお金の貸し借りなどに使われることが多いようです。

例えば、友達と食事に行って割り勘をした際に、
現金の手持ちが足りなくてその場で友達にちょっとお金を借りてしまった時、
「あとでe-transfer で送って返すね!」みたいなシチュエーションはよくあります。

使い方

使い方ですが、まずはカナダ国内の銀行口座を開設します。(TD Canada ,BMO, etc..)
私は口座開設の時にe-transfer の設定も一緒にしました。
設定の段階で、自分のメールアドレスを登録します。
これで初期設定はほぼ完了です。

実際に、こちらからお金を送金する時は、
まず相手のメールアドレスをもらいます。
そして、こちらから質問の答えを送ります。
これは相手が現金を受け取る時に必要になる、セキュリティ上の質問です。
自分と相手だけの秘密の暗号みたいな感じですね。

これで準備は完了!

あとは相手のメールアドレスを登録して、
E-transfer に紐付けされている口座から、金額を設定して質問と一緒に送金です。

受け取る側は、相手の送金をメールで知らされます。
相手先と金額を確認して、メールから自分の口座のウェブページかアプリに飛び、
質問に回答して、現金を受け取れます。

また、相手が受け取ったかどうかも、送った側がメールで知らされるようになっています。

メリット、デメリットは?

メリットは手数料がかからないこと。
メールアドレスだけで送金できるので、
必要以上に個人情報を相手に伝えなくて済む手軽さ、少額からでも使えること、
ケータイからでもできるので時間を気にせず利用できる、そしてスピーディ
私が利用していて感じるメリットはこんな感じです。

デメリットは、カナダ国内の利用に限られる点です。
利用対象がカナダの銀行口座なので、国外からカナダへの送金などには利用できません。
カナダに住んでいてもカナダの銀行口座を持っていなければ利用できません。
デメリットはこのくらいでしょうか。
本当に手軽でよく使われるe-transfer について今回はご紹介しました!

さて、カナダに来てからあらゆる場面で
Depositという言葉を聞きます。
直訳では、「預ける」という意味ですが、
アパートに住み始める時も、1ヶ月の半分の金額をダメージdeposit として払いましたし、
交通機関の利用で使うコンパスカードも、カードdeposit として$6払います。
美容院によっては、予約の段階でdeposit が発生する場合もあります。
その他にもいろいろとあり、いわゆる日本で言うところの前金に当たります。

何事もなければ返金されるdeposit ですが、
カナダで生活する上で“信用”ということがすごく重視されているなと感じています。

お金を預ける場合はdeposit ですが、
「荷物を預ける」の場合英語で何というか知っていますか?

Can I leave my baggage with you?
(youは預ける相手)

で、いけます!ホテルなど、旅行先でぜひ使ってみてくださいね(^_^)

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

この記事を書いた人

Yui

Yui

青山学院大学在学。2019春から1年休学をしてワーホリでカナダのバンクーバーに。
バンクーバーは以前大学のプログラムで2週間滞在し、また絶対行きたい!と思える体験ができたので、今回留学先選びの際に迷わずバンクーバーに決めました。文化や地域創生に興味があるので、カナダの人々の生活・文化の違いに注目して現地での生活を楽しみたいです。
“せっかくやるなら人とちょっと違うことを”をモットーに!

e-transfer って知っていますか?!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験