英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ “Sustainable“について皆さんご存知ですか??

“Sustainable“について皆さんご存知ですか??

こんにちは!
英会話教室リンゲージ新宿本校Minamiです♪

みなさん、“Sustainable“ついてご存知ですか?
最近ではファッション業界では、
サスティナブルな取り組みをしているブランドが数多く増えているため、
サスティナブルという言葉自体はを聞いたことあるけど、
意味までは知らないな...という方が多いのではないでしょうか。

そこで今回はみなさんにもっとサスティナブルについて知っていただくために、
ブログを書いていこうと思います!!

“Sustainable“とは?

Sustainableは”Sustain“(持続する)と、”able”(~できる)を組み合わせた単語で
「持続可能な」という意味を持ちます。

主に自然環境に配慮した行動をしたときや、
地球環境の配慮のために役立つ事業や開発をした際に用いられる言葉です。

最近では、食品や建築などでサスティナブルが意識されており
特に冒頭でもお伝えした通り、
ファッション業界では、サスティナブルな取り組みがされているアパレルブランドが増えてきました。

なぜファッション業界ではサスティナブルが意識されているのか?

理由は主に2つあります。
1つは、地球環境汚染に対して、
石油産業に次いで影響度が高い業種という説があるから。

そして、2つ目はファストファッションの影響が大きいと言われています。
なぜファストファッションに影響が大きいのかと言うと、
近年ではH&MやGUなどといったファストファッションを売りにしているお店が増え、
1人1人が安い服をたくさん購入しますよね。

しかしシーズンが終わってしまったり、
サイズが合わなくなってしまったりなどと言った理由で捨てられてしまいます。
安く服を購入できる分、手放すことも容易になってしまったというわけです。
そんな消費される服の量は20年前と比べると、
なんと2倍の洋服が捨てられているようです。

“Sustainable“と呼ばれる条件とは?

サスティナブルと呼ばれる条件はいくつかあります。
そのため、今回はいくつか抜粋してみなさんにご紹介したいと思います!

①Animal Free(アニマルフリー)
→毛皮(リアルファー)にはウサギやキツネなどの毛皮が、
またフェザーやダウンには水鳥、レザーには牛、豚、クロコダイルなど
衣類には素材を取るためだけに、罪のない動物たちが劣悪な環境化で飼育されています。
そのため、サスティナブルと呼ばれるには、
毛皮や動物性素材を使わないことが条件の1つとなっています。

②Organic Cotton(オーガニックコットン)
→オーガニックコットンはオーガニックと言うだけあって、
農薬や化学薬品を使わずに栽培された天然繊維のコットンのことです。
オーガニックコットンは着心地が良いだけでなく、
環境にも配慮されており優しい素材です!

③Fair Trade (フェアトレード)
→Fair Tradeは直訳すると「公平な・公正な貿易」と言う意味を持ち、
公平なお金でやり取りをすることで世界中をつなぐことができ、
より良い方向へ変える仕組みのことです。

なぜFair Tradeがサスティナブルと呼ばれるための条件に必要なのか、
と思う方もおそらくいらっしゃると思います。
理由は日本では途上国で生産された服を安価な価格で販売されていることがありますが、
実はその安さを生み出すために、
生産国へ適正なお金が支払わられていないケースもあるそうです。
そういったことをなくすためにもFair Tradeは条件の1つとして必要なのです。

いかがでしたか?
今回は“Sustainable“、特にファッション業界における
サスティナブルについてみなさんにシェアしましたが、
少しはサスティナブルについてお分かりいただけましたか?

サスティナブルな取り組みをしている企業は、
H&Mをはじめ、無印良品やStella McCartneyなどさまざまな企業で取り組みが行われています。
ぜひフリートークテーブルなどでサスティナブルについて話してみてはいかがでしょうか?

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

“Sustainable“について皆さんご存知ですか??

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験