実は苦労が多い!?百獣の王ライオン

こんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のHarukaです♪

百獣の王とも呼ばれる「ライオン」!!
皆さんも1度は動物園で見たことがあるかと思います(*’ω’*)
サファリパークに行くとより間近で見られてテンションが上がりますよね!
今回はそんなライオンについて、英語を使いながら説明していきます!

ライオンの基本情報

まずはライオンの基本情報を確認していきましょう!

・名前 ライオン “Lion”
・体長 オス 2.6m~3.3m、メス 2.4m~2.7m
・体重 オス 150~240kg、メス 120~180kg
・分布 東アフリカの草原からカラハリ砂漠
・目/科 食肉目/ネコ科

※単語チェック!※
体長 length
体重 weight
オス male
メス female
分布 distribution
草原 grassland
砂漠 desert
目 order
科 family

ライオンは別名を「シシ(獅子)」とも言い、
ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種だそうです。
主な生息地はアフリカのサブサハラであり、インドにも生息するのですが、
そのインドライオンは絶滅が危惧されています(*_*; 
ライオンの種類としては、アフリカライオンまたはインドライオンの2種類となります。

ライオンを飼育した場合は20年以上生きることもあるそうですが、
野生のライオンの寿命は短く、なんとオスが10年以上生きることは稀だそうです!

縄張りを巡って他のオスと常に戦うことで傷を負い、
それが寿命を大きく縮める要因なんだとか。
自然界で暮らすライオンは、常に神経を張り詰めておかなければならず、
大自然の中、悠々自適に暮らす訳にはいかないんですね…。
野生の厳しさを感じます…。

「たてがみ」と「プライド」

ライオンと言えば、たてがみ!
と言うくらい、オスの持つたてがみは特徴的かと思います。
まずは、そのたてがみについて紹介します♪

ライオンは古くから「百獣の王」として、
特にヨーロッパの方で強さの象徴・王のモチーフとして知られています。

オスの外見のたてがみが、
王のヒゲのように見られるためにそのように知られているんですね。
ちなみにたてがみは英語で、“mane”と言うそうです。
1歳過ぎから生え始め、大人になる5~6歳まで成長と共に量が増え、
色も濃くなっていくそうですよ!

続いて、群れについてご紹介します!
ライオンはオスとメスの群れでいるイメージを皆さんはお持ちではないでしょうか??
そうなんです!ネコ科の動物は通常単独で生活をしますが、
そのなかで唯一ライオンは群れを作って生活します

群れは「プライド」と呼ばれ、
1~7頭のオスと血縁関係のある複数のメス、
そしてその子供たちで構成されているそうです!
ライオンが群れでいる様子を英語で、
“a pride of lions”と言うので、ライオンの群れはプライドと呼ばれるのですね(*’▽’)

ちなみに、狩りは基本的にはメスの役割ではありますが、
効率よく獲物を捕らえられるようにチームで行うそうです。
成功率は3割程度とのことなので、過酷さが窺い知れます。
一方のオスは、ハイエナ等の外敵から群れを守ったり、
群れを乗っ取ろうとする他のオスと闘ったりする役割を担います。

私のライオンとの思い出

私がアフリカのナショナルパークに遊びに行った際には、
沢山のライオンを見かけました。
アフリカにおいて、実はライオンと言うのはそれほど珍しい存在ではないんですね~。

特に印象的だったのは、日が暮れた夜に15頭程度のライオンの群れに遭遇したことです。
そしてなんと!
車に乗ったまま、その群れの中に突っ込んでいきました!
私は現地でナショナルパーク側が手配・運転する車に乗っていたので、
ガイドさんに連れられるがまま、なすすべなし…(笑)

そして、そのガイドさんがライオンの目に懐中電灯を当てたりと遊んでいたので、
いつ襲われるかととてもビクビクしていました!
でも、ガイドさんによると、
ライオンは目に光を当てられても「何かいるな」程度にしか感じず、
人間だとは識別できないそうです。
食べ物を与えてしまうと襲われますが、
物音や光だけでは襲われることはないと話していました!
意外ですよね!私は群れの中にいたのでとにかく恐怖を感じ、
「何もしないで」と願っていましたが、杞憂だったようです(*_*;

以上、長々とライオンについて説明してきましたが、
少しはライオンについて詳しくなって貰えたでしょうか??
今後も様々な動物をご紹介していこうと思っているので、
楽しみにしていてください♪

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

実は苦労が多い!?百獣の王ライオン

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験