英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ 長期休暇はどうだった?vacation後に使える英会話ネタ

長期休暇はどうだった?vacation後に使える英会話ネタ

皆さんこんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のYu.Kです!

皆さんはどのような夏休みを過ごしましたか?
今の時期、会話の話題になると思うので、
今回はvacation後の英会話についていくつか紹介できればなと思います!

世界のVacationの過ごし方

他の国は日本と違い、
土日休み以外にも2~3週間休暇が取れることはうらやましいですよね。

EU加盟国は最低でも4週間休暇を取ることを義務付けています。

リゾート地で本を読んだり、ブランチを食べたり、
のんびりして過ごすのが主流です。
また、イギリスはヨーロッパと言っても少し、
休暇を取る日数が少なく、年間で20日程度らしいです。
取るときに取る、日程を自分で調整しながら休暇を取り、
連続では2週間取れば長い方です。

一方、アメリカやカナダは取る時期がまちまちで、
アメリカは子どもに合わせて、
カナダは職場に合わせて休暇をとる傾向にあります。

日本人の思い出を作る、というのも大切だと思いますが、
他の国の人のように、のんびりゆっくりする、
という休暇の過ごし方もまた、良いですね♪

長期休暇はどうだった?

会話に使えるフレーズをお話します!
まずはそのまま、

「長期休暇はどうだった?」
“How was your vacation?”

Holidayは、どちらかというと、
特別な理由で学校や仕事がない日をさすので、
長期休暇とは少し違いますが、Holidayでも伝わります!

「休暇の間、何をしましたか?」
“What did you do during your vacation”

「休暇の間どこか特別な場所に行きましたか?」
“Did you go somewhere special during your vacation?”

よかったよ!

長期休暇はどうだった?
と聞かれたときはもちろん、感想を求められているときに、

“Good!”
“It was good!”

は良く使いますね。

Goodの前後には、行った場所や、食べたものなど、思い出を話します。

いかかでしょうか?
Freetalkテーブルでも盛り上がる話題だと思うのでぜひ使ってみてください!!

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

長期休暇はどうだった?vacation後に使える英会話ネタ

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験