英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿校 新宿校ブログ 原題と邦題がだいぶ違う映画 ~ピクサー編~
感染予防対策について

安心してレッスンを
受けていただくための取り組み

英会話リンゲージでは、今後もお客様に安心してレッスンを受けて頂くため、以下の対応を強化して参ります。

マスクの着用

マスクの着用

室内換気の徹底

室内換気の徹底

飛沫防止アクリル板

飛沫防止アクリル板

体調確認のご協力

体調確認のご協力

手洗い・消毒の徹底

手洗い・消毒の徹底

教室内の消毒清掃

教室内の消毒清掃

お手持ちのスマートフォンやタブレット、PCから受講いただけるオンライン英会話レッスンもございます。

オンライン英会話も選べる!

原題と邦題がだいぶ違う映画 ~ピクサー編~

こんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のYumikoです(^ω^)♪

この前ピクサー展に行ってきました!CGはすごいですね笑
そこで一緒に行ったカナダ人の友達がピクサーの原題について話していたので、
今回はピクサー映画の原題を紹介したいと思います!

今回はひとつクイズを出しますね、
原題が『Up』というタイトルのピクサー映画があるのですが、
みなさんどの映画か想像できますか?
答えは記事の最後でご紹介します!

邦題と原題が異なる映画

【The Incredibles】…Mr.インクレディブル
微妙に違いますが、
邦題は主人公のMr.インクレディブルに焦点を当てたタイトルになっています。
英語で”The 名字(複数系)”と書くときは、
「○○一家」という表現になります。

“Incredible”は「信じられない、驚くべき、素晴らしい」
という意味を持っていて、インクレディブル一家の特徴を表しています。

【Ratatouille】…レミーのおいしいレストラン
ラ、ラタトゥイユ…!?全然違う原題ですが、
ここには主人公レミーがねずみ(“rat”)であることがかかっているのです!
本編にも時々出てくるこの映画の注目ワードのようです。(ラタトゥイユ美味しいですよね!)
そういった制作側の意図が反映されたタイトルを大変更しているのは切ないですが、
「ピクサーの最新作:ラタトゥイユ」といわれても「はて」と言う感じがしますね。

【Brave】…メリダとおそろしの森
ブ、ブレイブ…!?!?これまたえらくあっさりとしたタイトルですが、
勇敢な女性の主人公をシンプルに表現したタイトルです。

本場の感覚では当たり前なのかもしれませんが、
アニメ映画で実写映画と同じくシンプルなタイトルをつけても
日本ではなかなか浸透しなそうですね…。
私はかっこいいと思いますが、
これを「メリダとおそろしの森」にしたのは、
キャッチーになってメルヘンさも出たので正解かなと思います。

【The good dinosaur】…アーロと少年
「良い恐竜」と言う意味で優しい恐竜アーロの事を表現した原題に対し、
邦題「アーロと少年」はアーロだけでなく少年との関係性を描いた物語であることを表しています。

原題と邦題がだいぶ違うピクサー映画の共通点

お気づきでしょうか?
そう、これらピクサーの邦題には原題にはない「主人公の名前」が入っているという共通点があります!
「モンスターズ・インク」や「トイ・ストーリー」
「カーズ」などはそのままのタイトルでもどんな話か想像しやすいのに対し、
邦題が全然違う映画たちは、その原題だけでは「誰の話か」がわかりにくくなっています。

邦題をつける上ではそこを明確にした上で、
シチュエーションや関係性を表すような表現をして、タイトルから内容を想像させているんですね!

番外編&クイズの答え

さて、上記には当てはまらないですが、原題と邦題がだいぶ違う番外編もご紹介しますね。

【Inside Out】…インサイド・ヘッド
カナダ人の友人はこの邦題の付け方に「まったく意味不明」くらいの違和感を訴えてきました。
まず、”Inside head”という単語がおかしいそうです笑
どのようにおかしいかと言うと、
本校の講師Lucasに聞いたところ「頭にドリルで穴を開けてその中を見る」ような、
物理的に「頭の中」という意味になってしまうようです…怖い…。
「頭の中で起こっていること」を表したかったのは分かりますし、
日本人からしたらそんなに違和感がなく、
むしろ”Inside Out”より親しみやすく感じますけどね。

原題”Inside Out”は、実はとても良い原題で「裏表・裏返し」
という意味ですが、そこには映画の中のあらゆる「裏返し」が含まれているのです。
その辺は映画でぜひ確認してみてください!

【Coco】…リメンバー・ミー
これは主人公の名前を邦題に使わなかった例ですが、
”Brave”同様ちょっとひねったシンプルなタイトルゆえに
「リメンバー・ミー」にして正解感がありますね…!
ちなみに“Coco”は、あのポスターにいる左右どちらでもなく、
主人公の少年のひいおばあちゃんの名前です笑
でもそれがなぜタイトルにつけるほど重要なのかは
映画を観ていただければわかるかと思います♪
原題を知るとそういった楽しみ方もありますね!

そしてここまで来た方はもうお気づきかもしれません、
クイズの答え”Up”という原題のピクサー映画は…

ずばり、「カールじいさんと空飛ぶ家」です!!!
長いー!元短いー!

でも”Up“じゃ内容が分かりづらいですよね?
おじいさんの家が飛ぶことと、
少年の成長(“glow up”)とかけているみたいですが、すごい思い切ったタイトルだなと感じます。
最初知ったときは嘘みたいで笑いました。

いかがでしたか?
ピクサー映画のタイトルを見てみると、
日本人に響く邦題の付け方というのがわかりやすい気がしました笑
今日はピクサー映画をご紹介しました!
ピクサー展やトイ・ストーリー4などでいまホットなピクサーの話題を、
ぜひフリートークなどでしてみてください♪

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

原題と邦題がだいぶ違う映画 ~ピクサー編~

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP

オンラインでもOK!

まずは気軽に無料体験