台風って英語でなんて言う?

こんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のYu.Kです!!
今年の夏は梅雨の始まりが遅く、長引いたので雨が多かったですね。
さらに9月は台風のseasonなので、今回は台風について書こうと思います!!(笑)

はじめに

今年の日本は雨の日が多いですが、
台風は例年に比べて少し少ないそうです。

さて、英語で台風は何というのでしょうか?
ハリケーンとサイクロンは別物なのでしょうか、見てみましょう!!

台風を英語で言うと??

台風は英語で“typhoon”と言います。かなり日本語と近いですね!!
発音は「タイフーン」。まさにそのまま!

語源もとても面白く、
もともと台風は台湾や中国に吹く「大風」に由来し、
ヨーロッパで音写されたのが“typhoon”と言われています。

ハリケーンとサイクロンは違うのでしょうか?
実は“typhoon”は北大西洋のみで発生した熱帯低気圧のみを指す英語で、
“hurricane”は北大西洋、北東太平洋で発生した熱帯低気圧を指します。
また同様にインド洋、南太平洋で発生した熱帯低気圧を”cyclone”と言います。
私も知らなかったのですが、
オーストラリア周辺で発生した熱帯低気圧を”willy-willy”と言うそうです。

覚えておくとちょっとした豆知識になりそうですね♪

台風に気を付けて!

では、最後に台風が来た時に使えるフレーズについて書きたいと思います!

“The typhoon made landfall the Kanto region.”
「台風が関東地方に上陸した。」

上陸した、をmade landfallと言います!

“Be careful of the typhoon!”
“Please stay safe during the typhoon season!”

「台風に気を付けて!」

”The typhoon has passed.”
「台風が通り過ぎました」

いかがでしょうか?そんなに頻繁に台風が起きるわけではないですが(笑)
ぜひ使ってみてください!!♪

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

台風って英語でなんて言う?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験