焼き餃子を食べるのは日本人だけ!??

こんにちは!英会話教室リンゲージ新宿本校のMinamiです♪

みなさんは餃子お好きですか?最近では餃子バルが出来たり、女性向けの餃子を売りにするお店が増えてきましたよね!
餃子好きの私にはすごく嬉しいのですが、沢山餃子のお店がありどこが美味しいのかよくわからず未だに行けていません、、、
ぜひ美味しい餃子のお店ご存知でしたら教えて下さい!笑

さぁ!今日は餃子についてブログを書きたいと思います!

みなさんは”焼き餃子を食べているのは日本だけ”なことご存知でしたか?
中国では餃子=水餃子を表しており、日本のように餃子と言えば ”焼き餃子” ではないのです。

中国で水餃子が主流となっている理由として、作りやすいからだそうです。
中国では餃子を皮から作るため、日本の焼き餃子のように薄い皮を手作りするのはかなり難しいそうです。

そして、作るときも焼き餃子ですと何回にも分けて調理しなければなりませんが、水餃子ですと、一度にたくさんの餃子を作ることが出来るため楽だからだというのも理由だそうです!

餃子の中身も日本と異なる!?

一般的に日本の餃子の餡には、キャベツをはじめニラ、ニンニク、ショウガ、肉と調味料が入っていると思いますが、中国の餃子の中身はリエーションに富んでおり、以前中国の方が餃子を作って下さったときには肉、コーン、ニンジン、ショウガが入っていました。

その方が言うには、家庭によって中身が異なるそうです!
そして、中国の餃子はニンニク抜きが一般的の様で、ニンニクを入れるならタレに刻んだものを入れる。もしくは、途中で生のニンニクをかじる場合があるくらいだとか、、、

これには餡作りに使用する肉に豚肉や羊肉を使うため、日本では臭みを消すために餡の中にニンニクますが、中国では別でニンニクを食べ臭みを消している。という違いです!

そして、中国の餃子では一般的に白菜が使われている。というところも日本とは異なる点です。

中国人は日本の餃子定食に驚くらしい!

私達は餃子をおかずとして扱うため、餃子をチャーハンやラーメン、ご飯などと一緒に食べますが、中国では餃子を主食として扱うので日本の餃子定食には驚くそうです。笑
確かに日本でも、素うどんと白いご飯をセットで食べる人を見かけたら少し驚きますよね。笑

ここまで、餃子についてブログを書いてきましたが、中国人も一概に焼き餃子を食べないわけではないそうです!ちなみに中国語では焼き餃子のことを「鍋貼」と書いて”グオティエー”と言うそうです!そして英語では餃子の事を”Dumpling”〈ダンプリング〉と言います!
ぜひ参考にしてみてください!♪

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

焼き餃子を食べるのは日本人だけ!??

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ 焼き餃子を食べるのは日本人だけ!??