英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ Kenglish★英訳にチャレンジしてみよう!!★

Kenglish★英訳にチャレンジしてみよう!!★

Hello everyone!!
こんにちは、英会話教室リンゲージ新宿本校スタッフKenichi でございます。
さて今日も『Kenglish』です!!
今日はみなさんどんな英語のお悩みを抱えているか聞いてみましょう!!

「自分の英語力が上がっているかどうかすごく心配で、
でも成果が出ているかをどうやって確認すればいいのかわからないんですけど、どうすればいいですか?」

なるほど!
英語力の把握をしたいだなんて、あなたはかなり向上心が高いと察しました笑

今回はご自分の英語力の把握によく役立つ【和文英訳】についてお伝えしたいと思います!

和文英訳は難しいと思っていませんか?

さて、まずみなさん和文英訳にどんなイメージをお持ちですか?
ちなみに僕はめちゃ苦手です(笑)
できればやらずに逃げてどこかへ飛んでいってしまいたいです(笑)

外国人が日本語の筆記問題に右往左往するように、日本語を英語に、しかもそれを長文で書くなんて
相当根気が要るのは想像に難くないでしょう。
でも和文英訳は自分の英語力を正確に表す指標として、非常に活用されやすいものといっていいでしょう!
なぜなら、文章で書くことは、会話で使われるような話し言葉や多少の砕けた表現は使えないので、
悪い意味では「誤魔化せない」ですが、逆に少し難しい単語や珍しい表現を使うことで、
自分の英語力をいい意味で「さらけ出す」ことが出来るのです!

ここから取り掛かってみよう!

こういう難しいタスクで考えがちなのは、
「ミスを恐れること」 「同じ表現方法に終始してしまうこと」です!

まず一つ目の「ミスを恐れること」ですが、文法やスペルのミスに気を配りすぎることで、
英語としてのミスは減るものの、文章の内容がわかりにくくなってしまう恐れがあります。
英作文で大事なのは、量よりも質、中身よりも全体としての内容にあります!!

最後に和文英訳を上手くやるコツ!

二つ目 「同じ表現方法に終始してしまうこと」に関しては、
英文として多種多様なファクターを加えることで、その英文をより分かりやすく具体的に示すことが出来ます!!

例えば、日本語文では主語が必ずといっていいほど付きまとい、
それがないと意味が伝わらなかったりすると思うのですが、
英語では主語が同じ文章が続くと読みにくい文章と受け取られてしまうことがあります。
そこで英語では時折主語を省略(関係代名詞をつかったり、動詞から始めたり)することが好まれます!

というわけで、英文和訳とはなかなか厄介なものですが、
こうした点を踏まえてまずはチャレンジしてみると良いと思います!!

もし、なにか書いてみた・解いてみた文章などありましたら、
ぜひフリートークテーブルにお持ちください!
一緒に和文英訳を確認してみましょう^^

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

Kenglish★英訳にチャレンジしてみよう!!★

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験